XPERIAのタッチ&トライキャンペーンでXPERIA X10をみてきました。

3G, スマートフォン, モバイル 1 Comment

XPERIAタッチ&トライキャンペーンバナー

XPERIA™のタッチ&トライキャンペーンでXPERIA X10をみてきました。(上記画像クリックでソニーエリクソンの詳細ページへ)

写真を撮ろうかなともおもったのですが、ちょっと恥ずかしいので取るのをやめました。(やっぱりシャッター音がすると写真撮りづらい>携帯)

本キャンペーンでタッチした方からの投稿も含め、Twitterの「#xperia」タグにていろいろと話題になっています。

さわってみた感触としては、… イイッ!! でした。

やはり、どうしてもiPhone(というか、私がいじったことがあるのはiPod Touch)と比べると、タッチインターフェースの洗練度が劣ります。ピンチイン・ピンチアウトが使えないとかは別にどうでもいいのですが、基本的な操作性でたまにイラつくというのはどうにかして欲しいです。

とはいえ、このようにイラつく場面が思ったよりも少なく、なかなか良い追随性でした。qwertyキーモードだとキーが小さく打ち間違いしてしまいますが、それはiPhoneも同じですし、フリック入力にするなり慣れるなりで解消できます。
これくらいなら、常用が全然可能だなと思いました。

私が試した機体は、3G接続が出来なかったので、実際の通信速度がわかりませんでしたが、端末自体の処理速度は全く申し分がなく、快適そのものでした。ここらへんは、アドエスとは全く違う感覚です。

結論としては、ものすごく欲しいのですが、ウィルコムとの二台持ちでいくか、XPERIA一台にするかで次に悩むことになります。

ぶっちゃけ、料金的に1台にしたいのです。なんかあれば、U-SIMを入れ替えてSO905iCSを使えば良いと思っていたりもしたわけです。せっかくBizホーダイとパケホーダイが統合され、スマートフォン通信もi-mode通信も同じ範囲で定額になることですし。

電池持ちについてもちょっと心配なので、補助バッテリとしてSO905iCSを持つという考え方もあります。
ただ、XPERIAについては、通信の設定によりGSMを無効にして3G一つに出来るようなので(実機で設定項目があることを確認)、HT-03Aよりはカタログスペックに近い数字が出るのではないかと推察されます。とすると、まぁ、1台でもなんとかなりそうな気もしています。それでもちょっと短いですが、1500mAhもあるので、これ以上は重さとのトレードオフな気がします。

そういえば、MediaScape™とTimeScape™については、おもしろい機能ですが、実際使ってみると微妙な感じがしました。ただ、電話帳との連携をして広げていくという発想は非常におもしろく、どんどん発展させていって欲しいように思います。

POBox Touchについては、動作も快適でなかなかに便利だと感じました。ただ、やはりqwertyキーが個人的には微妙なので、フリック入力でPOBoxを利用できたら常用したいとか思ったりもしています。是非、対応してほしいです。

う~ん、悩ましいです。

似たようなエントリ

 

One Response to “XPERIAのタッチ&トライキャンペーンでXPERIA X10をみてきました。”

  1. ウィルコムのこれからと今後について記事がいくつか | 続・ウィルコム好きな男のぼやき Says:
    3月 11th, 2010 at 8:51 PM

    […] ドコモからでるXperiaに惹かれていると最近のエントリーで述べていますが、そうなると、ソフトバンクのiPhoneでも良いのではないかという話もあります。ソフトバンクは、ウィルコムか […]

コメントの投稿はこちら

Icons by N.Design Studio. Designed By Ben Swift. Powered by WordPress, Linux Web Hosting, and Free WordPress Themes
Entries RSS Comments RSS ログイン