ワンセグに対するドコモの姿勢と顧客目線

willcom 2 Comments

ドコモ中村社長、「今のワンセグではメリットなし」

フジテレビへの出資に続き、日本テレビと提携関係を持ったことに触れながら、「ドコモとして、通信と放送の融合にどう取り組んでいくのかを探っていきたい。2008年に向けて、サイマル放送の見直しで、どんなサービスができるのか、どんなビジネスモデルが構築できるのかも重要な課題。もし、別の放送を流すことができれば、そこで新たな広告が獲得できたり、有料での放送を行なうといったことも可能になる。今のサイマル放送では、携帯電話はテレビ受像器のままであり、メリットはない」などとした

上記のようなことをドコモの社長が言っている。まあ、おそらく、「メリットはない」の主語は、ドコモであろうが。いちおう、主語を「ユーザー」として以下記す。

一方で、

「ワンセグ」の認知度は5割強

ITmedia +D モバイル:ワンセグ、「携帯で見たい」が約9割──NTTアド調査

「ワンセグ」という言葉の認知度を尋ねた設問では、全体の31.2%が「何回も見聞きしたことがある」、21.5%が「1回は見聞きしたことがある」と解答し、計52.7%の人がワンセグを知っている、という結果になった

利用意向について、「ワンセグに魅力を感じる」とした人は全体の62%となり

ワンセグ視聴で使う端末としては、「携帯電話」が86.4%と高い数値となった

と、かいつまんで引用してみましたが、私の予想よりもはるかに認知度、利用意向ともに高いです。それなのに、ドコモの社長の認識の甘いこと。

もちろん、社長の言い分も上記記事を読めば理解は出来るのですが、ちょっと甘いような気がします。

また、同記事内では、「対ソフトバンク、「何が起きても驚かないように準備」」という見出しでの記事があるのですが、そのソフトバンクは、既に民放各社から番組を提供されることが決まっているのではなかったでしたっけ(観天望気: ソフトバンク、TV番組をネット配信へ)。つまり、ソフトバンクは、ワンセグのサイマル放送見直し後すぐにでも、ワンセグに既存の民放番組を流すことが「可能」です。ドコモの社長の言うような独自の「別の放送」よりも、既に放送済みの番組をコンテンツとして流すというほうが、はるかに効率的だし魅力的です。それをやられたらドコモ的には驚異ではないでしょうか。サイマル放送見直しが決まってからドコモは動く気なのでしょうか。ドコモは、ワンセグ端末の開発を積極的に行っていたのでそうではないと思っていたのですが。おろおろしてたらまた、シェア奪われますよ。

さらに、ワンセグ向けの番組制作が困難であるおそれも指摘されています(ITmedia ライフスタイル:視界不良に陥った「ワンセグ・モバイル」)やはり、既存の民放の番組をコンテンツとして流す方がよほど効率的な気もします。ドコモは大丈夫でしょうか。

さて、われらがウィルコムについてですが、すでにWX310Kに搭載されているCPUは、ワンセグのエンコーディングに対応するCPUだったりしますので、ウィルコムも、かなり考えてはいるようです。あるかでぃあさんの指摘されているように、おそらく、WX320K、ないしはそれに類する京セラ端末でワンセグに対応するのだと思われます。

また、WX310SAを提供しているサンヨーが、「地デジケータイ」という商標を持っていることもウィルコムにとってはプラス材料でしょう。「ウィルコムの地デジケータイで、テレビもネットも音声もメールも、全部し放題!」「クアドラプル放題!」などセンスのないキャッチコピーが私の頭にも浮かんできます。

最後に付け加えるのもなんなんですが、私はワンセグに興味がありません。というより、テレビ自体をあまり見なくなってしまいました。それならインターネットで調べ物をしたり、本を読むほうがよっぽど楽しいと最近では感じてしまっています。歳かな…

というわけで、この記事は、ものすごい適当です。(最後にすごい宣言が来たな。)

 

逆転戦略 ウィルコム-「弱み」を「強み」に変える意志の経営

willcom No Comments

今更という感もあるが、今更ながらに読んでみた。

さまざまあるウィルコム関連のブログ等を読んでおられる方には特筆すべき事は書かれていない。かくいう私にとっても、ほとんどが既知の事柄のみであった。また、出版年月からも推察出来るとおり、すでに古い情報もある。

しかし、今のウィルコムの快進撃に至るまでの経緯、根拠、そして、これからのウィルコムを占うに最低限必要な知識が書かれていることには、疑う余地がない。そう考えれば、「ウィルコム」のことを知る上で、まず一番最初に読むべき本として最もふさわしい本は、この本かもしれない。

というわけで、書評と言うよりも、全体的な内容の説明としたい。

内容としては、携帯業界の始まりから今までの経緯である。携帯電話、そしてPHSの成り立ちである。次に、携帯電話業界のビジネスモデルについて。その次に、PHSの歴史と技術に特に注力して書かれている。中国市場についても書かれている。最後に、カーライルによる買収の真意を探る。そして、ウィルコムの新たな経営手法について。

かなりおおざっぱな分類だが、このような感じになっている。ウィルコムや、携帯電話業界、PHSに対して興味がある方は、おもしろく読めるように思う。文章も読みやすく書かれていると思う。また、amazon.comのマーケットプレイスなら比較的安価で購入できるところも良い。

逆転戦略 ウィルコム-「弱み」を「強み」に変える意志の経営

 

W+BLOG、さっそく改善

willcom No Comments

というわけで、W+BLOGのカテゴリー問題は、改善され、解決しました。

ちょっとカテゴリーの種類がふえ、大カテゴリーを選択するだけでよくなりました。これで、記事作成画面からカテゴリーを選ぶページに飛ぶこと無く、記事作成が出来るようになりました。

さすがウィルコム。ちゃんと顧客の意見を聞く耳を持っている。やっぱりこういうウィルコムだから応援したくなるんだろうな。

 

W+BLOG:使ってみての感想

willcom No Comments

というわけで、既報の通りですが、ウィルコムの新コンテンツ「W+BLOG」が、開始になりました。私も、似たようなタイトルで登録させて頂いてます。

そのW+BLOGの方のブログにも書きましたが、登録しないとその記事は見れないので、こちらにも書きます。

さて、そのW+BLOGですが、ブログというよりは、mixiのようなコミュニティサイトです。上述のとおり、登録しないとブログ中の記事が読めないという特徴が、それを如実に表しています。

W+BLOGには、mixiのような、コミュニティや、自分のサイトを見に来た人の足跡、メンバー同士のメッセージ送受信、などなど、ブログというよりは、SNSになっています。

このSNS的なシステムが改善されずこのままでいくという前提に立つと、ウィルコム的には、おそらく、ユーザーを囲い込むことがねらいなのではないかと思っています。

PCにも対応、となっていますが、現段階では、記事の最大文字数が400文字というように、PCに対応するにしては、あまりに仕様が貧弱であるように思います。メールからの投稿に対応しない理由もここにあるように思います。まあ、あまりに貧弱なので、逆に、トラフィック対策なのだということがわかります。そのうち改善されるでしょう。

その他にも細かい不満点を挙げれば、記事を投稿する際には、あらかじめ用意されたカテゴリーに設定しなければいけないこと。指定するのはまだ良いが、カテゴリーの一覧が無く選びづらい。また、自分の記事に合うカテゴリーが無い場合にどうすればよいのか。

とはいえ、まだ始まったばかりです。これらの不満点も、そのうちに改善されることでしょう。なにせウィルコムですから。

 

ソフトバンクがVodafoneを買収?

willcom No Comments

ソフトバンクが、Vodafoneを買収するようです。まあ、おそらく、ソフトバンクはそうしたいだろうなとは思っていたのですが、Vodafone側が応じるというのが、意外ではあります。まぁ、まだ、決まったわけではないのでなんともいえませんが、ソフトバンク側としては、引かないでしょう。もうすでに、新規参入を決めた以上、より有利な既存企業の買収をするよりよい手はないですから。

しかし、これで、新規参入組は、基本的に注目しないというわたしの姿勢は見直さなければならなくなりました。ソフトバンクは、それだけで、新規参入組の中で最も期待される企業でしたが、これで、すぐにでも、ドコモ、auにならぶキャリアになるということになります。家庭のブロードバンド環境を劇的に変え、今なお最有力なポータルサービス、Yahoo!を持つソフトバンクが、これから、携帯電話業界にどれほどの旋風を起こすのか、楽しみでなりません。

これからは、ウィルコムの市場戦略を考えていく上では、ソフトバンクの動きに最も注意していかなければならないでしょう。ますます、きびしくなる業界ですが、ウィルコムにも、負けじとますますがんばっていってほしいものです。

 
Icons by N.Design Studio. Designed By Ben Swift. Powered by WordPress, Linux Web Hosting, and Free WordPress Themes
Entries RSS Comments RSS ログイン