PCは、次期OSの時代へ。どれにしよう?

willcom No Comments

先日、米Microsoftは、PC向け基本ソフト(OS)である「Windows」の最新バージョン、「Windows Vista」を今年中にリリースすると発表した。
すなわち、現在、主流である「Windows XP」は、過去のものになり、Micorosoftの主サポート、アプリケーション開発の主ターゲットもVistaへと移行することになる。
私としては、Vistaへメインストリームが移行しても何の問題もない。というより、私は、Windows 2000からXPへのメインストリームの移行時から、そう思っているし、実際、困っていない。

ブラウザは、FirefoxもしくはGrani、メーラーは秀丸メール、エディタは秀丸(+ATOK)、ミュージックプレイヤーは、foobar、ファイアーウォールは、Kerio、…どれをみても、Windows 2000でも問題なく動作する。
さらにいえば、これらのなかで、こだわりがあるものはそれほど無く、たとえば、メーラーのメインをThunderBirdに移行しても(使いづらくはなるだろうが)問題はなく、ミュージックプレイヤーについても、自分のライブラリは、すべてmp3で保存しているため、どんな環境でも再生できることを考えれば、なんでもいい。エディタとIME(ATOK)くらいか、違って困るのは。

2000からXPへのメインストリーム移行時から、ずっと悩んでいることがある。
それは、永久に2000を使い続けるというのはどうも無理そうだ、ということだ。
いまだに、2000を使い続ける人は、多数いるので、Micorosoftの公式サポートが無くなろうとも、周辺機器やアプリケーションの2000へ対応は、まだまだ続くだろう。
それゆえ、2000を使い続けることには何の問題もないかのようにも思える。

しかし、やはり新しい物好きなので、あたらしい周辺機器を買ったり、あたらしいアプリケーションをインストールしてみようとしたとき、既に、2000よりもXPの方がよりよく対応されているという事実に直面しているのである。
その「よりよい対応」というのは、ほんのちょっとの差ではあるが、これが年を経るごとに、大きくなることが予想され、2000を使い続けることには、どうしても不安を覚えざるを得ないのだ。

ずっと悩んでいて、他のOSへの移行を考えていた。
まだ悩んでいる。

まず、王道として、Vistaへ移行するという道がある。
ただ、これには、大きな問題として、私のPCのハードウェアスペックだと、厳しいものがあるという点がある。
最新ベータを入れてみたが、やはり厳しいものがあった。
さらに、Vistaのセキュリティ機能やら管理機能やらが、はてしなくうざいという点がある。
これには我慢できそうにない。XPでさえ、我慢しながら使っているのに、これいじょううざいなんて想像したくもない。

というわけで、Vistaへ、自分のメインの環境を移すことはおそらく無い。
といいたいところだが、やはり、今あるものをそのまま移すことが出来、ほとんどすべての周辺機器、アプリケーションが動作する「Windows」からは、離れられない。離れるわけに行かない場合もある。
やはり、王道は、あくまで王道だということだろう。新しいPCを買うなら付いてくるわけだし、結局それになってしまうのか。

次に考えたのが、やはり、Linuxへの移行だ。
ディストリビューションは、Debianを使用してみた。かなり楽しめたが、メインの環境となると悩ましい点がいくつもある。

まずハードウェアサポートが、Windowsに比べて圧倒的に貧弱という点だ。
特に、5ボタンマウス、プリンタ、W-ZERO3[es]のサポートが無いに等しい点がメインに据えられない理由として大きい。
マウスは、がんばれば使えるようになるそうだからいいとして、プリンタの利用ができない点とW-ZERO3[es]との同期ができない点は大きい。
が、それ以外は、ほとんど不満がない。
カスタマイズの自由性、思想、ありとあらゆる自由、コミュニティの魅力、おもしろさ、これからのLinuxへの期待ができる点など明るい点が多い。
OpenOfficeは、十分の出来だし、Windowsにあるソフトよりも優秀なソフトも多い。
何より、無料であることも大きい。

上の3点さえ、解決できれば、今すぐメインに据えたい。が、これが解決されるのはいつだろう。。
ひょっとしたら、Fedora Coreなら解決できるかもしれないので、今度は、Fedoraを試してみるつもりだ。yumもあるし。

ここからは、考えただけだが、Macへの移行と、全くマイナーなOSへの移行だ。

Macへの移行は、BootCampが無ければ考えなかったかもしれない。
しかし、BootCampをのぞいて考えても、Macへの移行は現実的な選択肢のような気もする。
おそらく、Macへの移行が最もメジャーな移行となるのではないか。
美しいインターフェイス、特にフォントは、メイリオよりも素晴らしい。
Officeもあるし、最近のトレンドに追従できるiTunes、SpotLightなどなどがあり、おもしろそうでもある。

全くマイナーなOSとは、ReactOS、TRON、OS/2などなどであるが、やはり、どれも実用性が今ひとつだ。

このように、結局迷い続けており、今の状態+W-ZERO3で、ほとんどの処理をこなせてしまっている。
悩ましい。でも、やっぱり、Vistaやだなぁ。

 

W-SIM対応の新音声端末「9(nine)」発表。

willcom No Comments

ITmedia +D モバイル:ウィルコム、W-OAM対応「W-SIM」搭載の音声端末「9(nine)」を12月中旬発売

イイ!

ほすぃ!!

こういうシンプルの極地的デザインは、大好き。明らかにINFOBARを意識してるんだろうけど、INFOBARよりもさらにシンプルで好き。

INFOBARよりも、およそ20g軽く、縦幅(長さ)もおよそ14mmほど短い(横幅、薄さは同じ)。
価格がSIMセットで15000円、単体で20000円との予測?が立っているが、これでも売れる気がする。ってか、nico.を買わなくてよかった。esと別に通話用端末を買うとなったら、絶対こっちを買う。

 
Icons by N.Design Studio. Designed By Ben Swift. Powered by WordPress, Linux Web Hosting, and Free WordPress Themes
Entries RSS Comments RSS ログイン