「Advanced/W-ZERO3[es]」発表!

willcom No Comments

ウィルコム、WVGA液晶/無線LAN搭載スマートフォン「Advanced/W-ZERO3[es]」

というわけで、W-ZERO3[es]の後継機種である、X-Wこと、「Advanced/W-ZERO3[es]」が、今日、発表となりました。

発表前から、わくわくしていました。CPUは、PXA270なのか?、無線LANは付くのか?、などなど様々な気になる点がありましたが、今日でそれもはっきりしました。

CPUは、残念ながら、PXA270でクロックアップのみですが、待ち受け時間は通常のesと変わらないようで安心しました。そのぶん、価格に反映(es出始めと同じ)されているのでOKでしょう。最初から、esの後継機は、「価格」にも重点が置かれていたようですし。

また、無線LANが付いたことで、家の中でも利用シーンが増えそうです。

一番気になる部分であったキーボード部分ですが、残念ながら数字キーがなくなってしまいました。
ただ、Fnキーとの組み合わせで入力ができるようです。
最初これは残念だったのですが、ただ、Fnキーを左で押しつつ、右手ですべての数字が入力できるようになっているので、慣れればこちらの方が便利かもしれません。
数字キーを排したことにより、本体サイズの低減にもかかわらず、キーは大きくなり、押しやすくなった印象があります。あとは、実機のクリック感に期待するとしましょう。

まさに、Advancedなes。正当進化というところでしょうか。
写真を見る限り、質感等にも大幅な改善が見られ、非常に購買意欲をくすぐられます。
私にとってのハード面での問題は、もはや、「色」くらいしかありません。
黒がほしいのですが、でも、実機を見て良かったら買っちゃうかも。

でも、やっぱり、ソフト面が一番気になりますね。
特に、W-ZERO3メール。手書きメールが可能になった(←私的にはヒット)点からみて、W-ZERO3メールにも手を加えられていると思いますが、どうなんでしょう。
Gmailの受信ができるか。WindowsMobile6的にHTMLメールに対応したが、W-ZERO3メールはどうか。送受信時の処理(切断、接続、切断)はどうなっているのか。細かい使い勝手はどうか。

いやー、しばらく、この新esだけで、楽しめそうです。

 
Icons by N.Design Studio. Designed By Ben Swift. Powered by WordPress, Linux Web Hosting, and Free WordPress Themes
Entries RSS Comments RSS ログイン