次世代PHS(XG-PHS)の技術解説

willcom No Comments

暇?人さんのところで、次世代PHSの技術解説がなされています。必見です。

次世代PHS完全解説

 

2.5GHz帯割当に関するまとめ記事について

WILLCOM CORE(XGP), モバイル No Comments

ついに決着がついた2.5GHz帯割り当てをめぐる闘い モバイル-最新ニュース:IT-PLUS

上記の記事にて、今回の2.5GHz帯の割当についてのまとめがなされています。

おもしろいのは、ウィルコムについて。

■背水の陣だったウィルコム

今回の決定に一番安堵しているのはウィルコムだろう。今年になって、ソフトバンクモバイルのホワイトプラン攻勢によって、新規契約者も減少傾向が続いている。定額データ通信市場においても、イー・モバイルを始め、NTTドコモやauが相次いでPHSよりも高速なサービスを投入している。まさに音声に加えてデータ市場まで攻撃されるという「泣きっ面に蜂」の状態になっている。

現行PHSで速度を向上させることにはもう限界に来ている。さらなる高速通信を実現するには次世代PHSが不可欠だ。2.5GHzを割り当てられることで、モバイルWiMAXにも充分対抗できるサービスを実現できるはずだ。

しかし、本当にウィルコムは、ソフトバンクモバイル陣営が言うように、アイピーモバイルの跡地である2GHz帯で次世代PHSを実現することはできなかったのだろうか。

ある業界関係者が匿名を条件にこんな推測をしてくれた。「ウィルコムが2GHzで次世代PHSをやることは技術的になんら難しいことではないはず。しかし、いまのウィルコムには何よりも時間がなかった。いち早く免許をもらい、次世代PHSをやれると宣言しないことには、IPO(新規株式公開)が立ち行かなくなってしまうのではないか」

泣きっ面に蜂と言われてますよ>ウィルコム。

まぁ、事実だから仕方ないか。

一方で、こんなことも。

契約者もかつて低迷していたころに比べて1.5倍にもなり、黒字化も果たしている。

ここ数カ月は新規契約者の伸び悩みはあるが、経営基盤も盤石になりつつある。

IPOに向けて弾みをつけるには、次世代PHSの実現が不可欠だ。

カーライルが売り抜けるのは良いのですが、その後の株主が気になる。

考えてみれば、本当にカーライルは救世主でしたね。八剱洋一郎前社長もカーライルからの指名でしたし。

まぁ、いずれにせよ、ウィルコムが失速していることはかわりありません。

このまま退行への流れを続けないようにがんばってください。

 

2.5GHz帯割当、KDDIとウィルコムに決定。

WILLCOM CORE(XGP), モバイル No Comments

当然といえば、当然ですが。2.5GHz帯の割当は、KDDIとウィルコムに決定したようです。(参考リンク2:WILLCOM NEWS | 祝!ウィルコムに2.5GHz帯割当決定!答申下る

で、ドコモとソフトバンクはLTEをがんばってください。

これで、「LTE2陣営」対「BWA(WiMax+XGPHS)2陣営」の戦いが期待できます。

LTEがどこまで容量を上げ、ないし、どれだけ既存のネットワークと効率よく組み合わせて、どこまで制限のない通話・通信を実現できるのか、楽しみです。

WiMaxは、国際的な展開として、どこまでいくのか。本当にIntelが、ちゃんとがんばるのか楽しみです。

そして、XG-PHSが、どこまで快適で制限のない通信を実現するのか、そして、ウィルコムの将来は大丈夫なのか、楽しみです。

さて、ここで、ソフトバンクが700MHzでLTEをできるかどうか心配になる記事が。

firstlight の ルドビコ式ウェブログ: ソフトバンクはとうとう、総務省そのものに喧嘩を売ってしまった?

むしろ、総務省の感情的にはソフトバンクには免許は出すのが難しくなったとも言えます。

ここまでやってしまうと700Mhzなどの以後の割り当ての際に、総務省は厳しい対応をするのではないかと思えます。

しかもその原因を作ったのは孫社長自身ですから、もうどうしようもありません。

まぁ、いっか、べつに。ドコモがんばれ。

 

いよいよ明日2.5GHz帯割当発表

WILLCOM CORE(XGP), モバイル No Comments

いよいよ明日、2.5GHz帯の割当が発表となります。

今になって、総務省に要望書などを出している人たちもいるみたいですが、予定通りにいけば、明日となるようです。

暇?人さんのところで、発表が延期になるとの懸念が示されてもいますが、はたして明日発表となるのでしょうか。楽しみです。

ところで、上の日経の記事中に、またおかしな発言が。

――なぜ今日のタイミングで出したのか

宮川取締役: もっと早いタイミングでもよかったが、差し迫った明日に対して何かをしようということになった。今日の日にちにこだわったわけではない。正直、今週の火曜の報道が1つのきっかけになったのは間違いない。まさか落選するとは思ってないので若干の危機感を覚えた。

じゃあ、だまっていれば?…公開討論で言うべきことを全部言うべき。

今になってぐぢぐぢ、そんだけ自信があるなら、変な報道があったからって、いちいち議論をひっかきまわすな。

これでまた延期なんてふざけるなって話ですよ。それこそ国民利益に反するでしょうに。

 

Ad[es]新規無料!?

willcom No Comments

ウィルコム、年内の新規契約に限りAdvanced/W-ZERO3[es]を実質0円に | 携帯 | マイコミジャーナル

え~?(--;

まぁ、これで制限のないネット環境が欲しい方は是非。

 

WindowsMobile(W-ZERO3など)とMacとの同期ソフト

willcom No Comments

ウィルコムのザ・スマートフォンであるAd[es]には、OSとして、WindowsMobile6が搭載されています。

そのもっとも本質的な機能として、PCとのデータ同期・相互移動があります。

PCで、Windowsを使っている場合、ActiveSyncという同期ソフトが付属しているのですが、MacOSを使っている場合には、同期ソフトがありません。

その場合には、「Missing Sync」というソフトがよく用いられているのですが、これとは別に「SyncMate」というソフトがある模様。

Missing Syncは、有料ですが、SyncMateは、(ベータのため?)無料です。ちょっと試してみようかな。

以下、参考リンク。

 

那須~会津でウィルコムアンテナを探す旅(嘘)

PHS, willcom No Comments

f:id:amaranthine:20080107235331j:image

先日、那須~会津若松まで旅行に行って参りました。

毎度の事ながら、知らないところにいくと、ウィルコムアンテナが建っているかどうかが気になってしまう私です。

で、那須~会津あたりまでを見ると、結構つかえるんですね、ウィルコム。

見た感じだと、人口密集地では、4本の通常の(W-OAM対応でない)ウィルコムアンテナが、結構使われています。

他方で、人口密集地ではない小さな集落では、結構八本槍が建っていて、おそらくマクロセル的な展開をして居るんだと思います。

田舎だと八本槍が目立つ目立つ。

近頃、うちの近くでも普通の4本アンテナが八本槍にリプレイスされたりしています。

やっぱり、W-OAM対応端末があっても、対応基地局がないと意味がないですからね。

エリア展開がんばれ、ウィルコム。

 

イーモバイル、ドコモとの音声ローミング提携

3G, モバイル No Comments

GIGAZINE – イー・モバイルが音声通話参入、全国で利用可能に

というわけで、イーモバイルとドコモの音声ローミングが、来年3月より開始となるようです。

料金体系などは、まだすべて不明とのことです。

料金や端末次第で、さらにウィルコムは窮地に追い込まれるでしょうね。

ところで、スピーカーとマイクが付いているいかにも「スマートフォン」のEMONEで通話できるようになるのか非常に興味深いですが、どうやらできないようです。以下にGIGAZINEさんから引用です。

イー・モバイルによると、サービス開始当初に発売したシャープ製の高機能端末「EM・ONE」と「EM・ONEα」は、データ通信に特化したモバイルブロードバンドを充分に活用するための仕様となっているため、音声サービスに対応していないそうです。

イー・モバイル、音声通話サービス開始に合わせて新端末を発表へ – GIGAZINE

ということらしいです。残念ですね。せっかく「スマートフォン」という言葉が結構出てきて注目を集めてきたというのに。

 

2.5GHz帯割当決定日が決定

willcom, 未分類 No Comments

というわけで、21日金曜日に2.5Ghz帯の割当業者の発表となるようです。

一部報道では、ウィルコムとKDDIに内定とされているようです。

usewill.comさんは、フライング追従しすぎw

まぁ、たぶん、この2社なんでしょうね。

ソフトバンクは、むしろ、700MHz帯をもらって、エリア拡充をどんどん進めて欲しい。

その上で、ホワイトプランをちゃんと続けてくれれば、ウィルコムやドコモ、auへのプレッシャーになる。

その方が、携帯電話市場全体を考えると良いのかな、と。

固定ブロードバンド市場的な視点でいうと、アッカとイーアクセス、それにヤフーBBが、かなり追い込まれるかもしませんが。

まぁ、でも、ADSL市場はバブルだと前々から言われてましたしね。

 

書き忘れー通常音声端末のOS:Androidについてー

willcom, 未分類 No Comments

昨日の記事で、すっぽり書き忘れたことを。

っていうか、これをメインで書きたかったのに、なぜ忘れたオレ。

というのは、Androidについてです。

Androidというのは、Androidとは、GoogleおよびT-Mobile、HTC、モトローラ、日本からはKDDIやドコモを含む世界34社が設立したオープン携帯プラットフォームを目指す団体「Open Handset Alliance」によって開発が進められているオープンソースのモバイルプラットフォームです。(参考リンク:Androidのメモ

で、すでに、W-SIMを利用した通話にも成功しています。(参考リンク:WILLCOMコアモジュールフォーラム、AndroidでW-SIMの通話デモ

Androidは、Linuxを基盤としており、開発もだいぶやりやすくなっているようです。

ハードウェアサポート部分さえなんとかなれば、W-SIMと組み合わせれば、だいぶ開発の敷居も下がるのではないかと思われます。

また、W-SIM以外の通常音声端末にも、Androidにプラスアルファしたものと基本基盤でも用意して、統一仕様を策定すべきではないかと思われます。

Androidは、オープンな規格なので、やはりウィルコムおよび数社で統一すべきと考えます。

まぁ、べつにSymbianでもなんでもいいんです。ようは、端末の性能と使い勝手、および完成度をあげなきゃならんということです。

 
Icons by N.Design Studio. Designed By Ben Swift. Powered by WordPress, Linux Web Hosting, and Free WordPress Themes
Entries RSS Comments RSS ログイン