「2台目需要」市場まとめとウィルコム定額プランの競争力について

willcom 1 Comment

現状、「1台目」としてメインに据えられるのは、ドコモとauということになるでしょう。

そして、「2台目」をウィルコムとソフトバンクが奪い合っています。

で、なんでそうなったかと言えば、「通話定額」サービスがあるわけです。

この「通話定額」は、ドコモもauも、その占有市場規模の大きさからして、莫大な負荷を想定しなければならないためサービスインするのは不可能に近いサービスです。

で、その「通話定額サービス」を比較してみますと、、、

ソフトバンク:1~21時だけ通話定額だが、基本料は980円

ウィルコム:24時間完全に通話定額だが、基本料は2900円

という風に、細かい点をかなり省くとこうなります。

細かい点をかなり省いているので、これだけで比較するのは間違っています。

しかし、そこまで細かい部分を見ない人も結構多いわけです。

というか、それよりも端末のデザインとか機能とかを見る人の方が多いわけです。

そう考えると、ウィルコムの通話定額プランは、「通話定額」としては、そこまで競争力があるとはいえないことになってしまいます。

ではなぜ、今回「2台目需要」に注力したはずのウィルコムがこの「通話定額」のプラン自体にテコ入れをしないのかが次に問題になります。

それは、コスト的に限界だからです。普通な理由です。

いや、プランの内容を劣化(たとえば、ソフトバンク・ホワイトプランと同じく1~21時に限るとか)させれば、基本料を下げるのは可能でしょう。

しかし、それでは、絶対的な収入が減ることは必至です。それはリスキーであるというのが、おそらく経営陣の判断でしょう。

では、なにで勝負するのか?…それはもちろん「ウィルコム定額プラン」しか無いわけです。

ならば、この「ウィルコム定額プラン」で勝負できるのか?…勝負できると判断したから、今回の発表でテコ入れが無かったわけです。

では、どこで勝負できるのか?…それは、「メール」です。

ウィルコム定額プランは、実は、「メールも完全に定額」なのです。

すなわち、ウィルコムから、どこに、何通、どんなメールを送ってもタダです。基本料2900円のままです。

そして、どこから、何通、どんなメールがウィルコムに送られてきてもタダです。基本料2900円のままです。

ケータイは「メールするための道具」と考える人が8割だそうです。

これが事実だとすると、「メール定額」というのは大きな訴求力となりそうです。

比較してみましょう。

ソフトバンク・ホワイトプラン:1~21時ソフトバンク同士の通話が無料。ソフトバンク同士のメールだけ無料。で、基本料980円。

ウィルコム・定額プラン:24時間完全通話無料。どこに送ってもどこから受信してもメールが無料。で、基本料2900円。

まだウィルコムの基本料が高い気がします。

では、ソフトバンク・ホワイトプランで、1ヶ月に、251文字のメールを他社宛に5通送って5通受信したとしましょう。

その場合には、「980円+315円(S!ベーシックパック基本料)+84円(1通8.4円×10通)=1379円」となります。

まぁ、要するに、ソフトバンクは、メールの料金が高いということです。

一ヶ月に、メールを全くしない人は良いのですが、「携帯を2台持とう」という積極ユーザーがメールを全くしないとも考えられません。

ちなみに、ソフトバンク・ホワイトプランでは、たとえば、250文字超えのメルマガ(ニュースとか天気とか新譜情報とか)を1日3通、250文字以内のメール(たとえばWEBメールの着信通知、オークションの各種通知、や株取引の約定通知など)を1日10通受信する、というだけの環境でも、月の利用料は2900円を超えてしまいます。(ウィルコム定額プラン特集:ソフトバンク定額との比較

もう一つ言えば、写メールも1通36.75円です。9秒以上のムービー写メールに至っては、1通210円です。

ウィルコム同士なら、基本料さえ払えば、通話もタダで、メールにいたっては、ドコモ・au・ソフトバンク・PCとでもすべてタダ。

もちろん、メールは、写メールも、デコ(ラティブ)メールも、ムービーメールもタダですよ。

その基本料は、2900円ですが、ホワイトプランでメールをちょこっとするより安いですよ。

ということになるわけで、確かにメールをする人にとっては、かなり訴求力があるような気がします。

その中でも、写メールもムービーメールもタダというのが、大きいわけなんですが、なぜか売れ筋になるであろう「HONEY BEE」にはカメラが無い。

というわけで、写メール・デコ(ラティブ)メールが主目的な人は、WX330Kに行くと思います。

でも、WX330Kは、端末台が実質0円じゃないようです。なんだかなぁ…

 

春商戦へ向けたウィルコムの取り組みについて

willcom No Comments

まずは、引用。これがよく的を得ていると思う。

春商戦に向けたウィルコムの取り組みを俯瞰すると、「2台目市場」と「法人市場」にきちんとフォーカスし、昨年後半はやや薄れていたウィルコムらしさが復活してきた印象だ。携帯電話各社とは異なるコンセプトで端末やサービスを投入し、なおかつ競合他社と向き合う姿勢が伺える。料金面での新たな競争施策が打ち出されなかったのが残念だが、こちらも「料金のお得感や分かりやすさ向上など、(料金施策も)現在、社内で検討している最中」(ウィルコム)だという。

神尾寿の時事日想:2台目&学生を狙え――激化する新規市場争奪戦 – ITmedia +D モバイル

ウィルコム的には、商売になる市場は、「一般端末」だけでないわけです。

そして、経営規模や占有市場規模などを考えても、他社と同等の性能を持つ機種を投入する利点は少ないです。

私的には、もっと一般端末市場でがんばって、一台目を狙って欲しいわけです。

しかし、エリア、経営規模、占有市場規模などからして、今のところ厳しい。

というわけで、ウィルコムとしては、出来る限りのことはするけど、やっぱり注力すべきは「2台目需要」と「法人」それプラス「新規事業(M2M)」ということでしょう。

わかっていたことですが、ちょい寂しいです。

たとえば、「2台目需要」を狙うときに「おサイフ」機能は不要です。一台目にだいたい付いていますからね。

「2台目」は、ぶっちゃけ家に忘れても大丈夫な端末なわけです。「おサイフ」付けてもあまり訴求力は無いわけです。

こう考えると、確かに、「高機能端末」を出すのは後回しというのは理解できます。

こういうことも含め、今回の新端末は、ウィルコムの経営からみて非常に堅実かつ現実的なものになっているといえます。

それでいて、薄型・個性的なデザイン・端末を出してきたという点で、がんばってきたなという感じがします。

「HONEY BEE」にカメラが付いていないこと以外は、すべて納得のいく発表でした。

ただ、やっぱりちょい寂しいですね。割り切りすぎていて。割り切るしかないんでしょうけど。

ちょいと別エントリーで、「2台目需要」についてまとめてみます

 

京セラ、サンヨーの携帯事業を買収

willcom 2 Comments

今日、正式発表となりました。で、サンヨーブランドは、当面継続のようです。ぐっじょぶ、京セラ。

京セラ、三洋ブランドを当面継続・携帯事業買収を正式発表

 

ソフトバンク、学割発表

willcom No Comments
 

WX310Kのアップデートソフトが、再度公開停止

willcom No Comments

WILLCOM|京セラ製「WX310K」用バージョンアップソフトウェアのダウンロード一時停止について

最近、京セラ製「京ぽん2」こと「WX310K」のアップデートが公開され、そして、一時停止するという事態がありました。

で、公開が再開したのですが、また、公開停止となりました。

なにやってんでしょうね。

携帯電話の開発がデスマーチだってのは知ってますけど、とりあえず、現場じゃなくて、発注した京セラの担当者がちゃんと責任とれ。

そうじゃなきゃ、また起きるよ、これ。

21日に、ウィルコムは、新製品発表をするようです

そこで、おそらくは、WX330K(「京ぽん3」)の発表となるのではないかとも一部で予測がたっています。

でも、こんなことで、安心して京セラ製の端末買えます?

高機能だ、低機能だ、そんなことよりまず、安定してまともに動きますって所から問題か。

冗談じゃない。

他の携帯端末よりもずっと長いスパンで開発しているはず。

様々な事情があるのはわかるけれど、ユーザーをテストユーザーにするな。

ひさびさに怒った。京セラは一流企業だと思っていたけれど、どうやら違うみたい。PHS端末事業だけかしら。

 

他社宛(ドコモ、au)メール上の絵文字相互変換サービス、1月22日に開始

willcom No Comments

WILLCOM|Eメール絵文字サービスの拡充について ~NTTドコモ・au との絵文字送受信が可能に~

というわけで、とうとう、22日から、ドコモ・auと絵文字のやりとりが出来るようになります。

ただし、アドエスは、3月を目処に対応とのことです。

といっても、ウィルコム端末(W-ZERO3シリーズ除く)には、標準で、ドコモの絵文字が「Web用絵文字」として入っています。

ということは、ドコモとは、完全にドコモ同士と同じ感覚で絵文字メールを送れます。

残念ながら、デコメールは出来ないようですが、ドコモの友人が多い方には、かなりポイント高いでしょうね。

なんといっても、ウィルコム定額プランなら、どんなメールでも・どこにでも・何通送ってもタダ(無料)なので、メールし放題です。

メールをよく使う人で、ドコモの友達が多い人。テンキー操作に疲れた人。

どうでしょう、0円のアドエスを買うっていうのは。

キーボード付いてて、通話料も安いです。

エリアが心配?…大丈夫、このアドエスにつながらなかったら、そのまま今ある携帯に電話を転送するサービスがあります。

ウィルコムと他社携帯2台持ちの便利さを解説しているサイトがありますので、興味を持った方は、ぜひこちらに

あとの課題は、デコメール(HTMLメール)ですね。

私は、装飾なんざつかいませんが、デコメール、すなわちHTMLメールを搭載できれば、絵文字を画像として送信できます。

ということは、ウィルコムオリジナル絵文字も画像にしておけば、他のキャリアのHTMLメール対応端末で見ることが出来ると言うことです。

まぁ、要するに、標準化に容易に近づけることが出来て、他キャリアとの機能の差が詰まるという利点があります。

それプラス、HTMLの表示エンジン上の差異を無視すれば、他キャリアとも、自分が見たままのメールを相手に送れるということです。

 

OKWaveアンケートでの抽選に当選

willcom No Comments

f:id:amaranthine:20080115212239j:image

というわけで、画像のとおり、OKWaveスタートキャンペーンに応募していたのですが、見事当選しました。今年はついてる!?

 

身の丈はウィルコムが決めている?

willcom No Comments

DDIポケットの研究記。: 身の丈にあった設計をという記事から、

WILLCOM、設計、下手すぎじゃねぇかな。この端末でこのサービスを快適に動かすにはxxとxxが必要ってのを大幅に下回り、ロクに快適に扱えない様な代物でも、平気でサービスとして展開する会社じゃないか。スペックとか技術的な目新しさが一番で、実際にまともに動くかどうかは二の次みたいな。

初代京ぽんにしても、ZERO3にしても、最初は技術的な革新性や目新しさで端末を触って貰えるのかもしれないが、あんまり無理な設計をした、快適に扱えないサービスを提供しつづけていると、その内、ユーザにそっぽ向かれるんじゃないかなと思う。

その通りだと思う。

でも、なんというか、「もうすでに」(一般的な)ユーザーにはそっぽ向かれてる状態が、今のウィルコムな感じがします。

それゆえに、ウィルコムには、「成熟した」ユーザーが多いとされるのでしょう。

スペックとか、技術的な目新しさに惹かれ、無理な設計でも使いこなせるユーザーだけになってしまうということですね。

でも、こうなったのは、ウィルコムが携帯各社に唯一対抗できる「ネット」という尖った機能に注力せざるを得なかったからです。

しかし、ネットに関する機能に関しては、携帯各社もかなり成熟してきています。

ついでにいえば、端末それ自体の機能・使い勝手もかなり成熟してきています。

いかに、ウィルコムが廉価であろうと、完全通話定額を実現しようと他社も肉薄している以上、端末の性能を同等にするしか対抗できません。

その意味でウィルコムは、端末の「設計」を上手くやるようになるべきでしょう。

ただ、スペックとか技術的な目新しさを売りにした端末も出していって欲しい。

というよりも、他社を追随するのはもちろんのことだけれども、他社と同じではつまらないという話です。

そんなことを思いました。あ~、連休って素敵だなぁ。

 

次世代PHS規格とモバイルWiMax規格

willcom No Comments

firstlight の ルドビコ式ウェブログ: 770 2.5Ghzシリーズ:ウィルコムがモバイルWiMAXを採用できるかどうかを考えてみていた

という記事が掲載されています。

この記事は、私の認識している事実・展開予想を、より鋭い・的確な視点で指摘しています。

あ~、ほんと、私のブログ意味ないな。

特に、以下の部分

モバイルWiMAXはこれから改良して、問題点をなくしたい方向だそうです。

しかし、「問題点が取れたモバイルWiMAX」はいつ完成するのでしょうか。少なくともウィルコムには2.5Ghzの割り当ては遅すぎるくらいに思えますし、できるかも解らない改良版を待っていられるような状況ではありません。

また、日本以外に改良のニーズが無かった場合には、そもそも改良されないかもしれません(この可能性はかなり考えられます)。

さらに、「モバイルWiMAXの改良版」を次世代PHSが実現するとされていることと比べてみると、むしろ「モバイルWiMAX」が「次世代PHS」を採用したほうが早いという気すらしてきます。

この視点は、ほとんど誰も指摘していないように思っていました。

結局、モバイルWiMaxの欠点って、次世代PHSにしちゃえば解決できるんじゃねーの?ってやつです。

ソフトバンクモバイルの誰か(孫社長だったかな?)が、2.5GHz帯割当の際、KDDIを批判する下りだったと思いますが、「我々は、技術をいろいろみて、一番だと思ったモバイルWiMaxを選んだ」と言っていました。

戦略的・政治的な視点だったらわかるのですが、技術的視点からみて、その選択肢は「?」でした。

ただ、「3Gの補完的に使う」という用途ならば、納得できました。

その場合には、あくまで「補完」ですから、そんなに完璧な規格じゃなくてもいいわけです。

そして、それは、当選したKDDIにもいえることだと思います。

結局、2.5GHz帯で、BWAを正面切って提供しようというのは、次世代PHS+マイクロセルのウィルコムだけだったということです。

これらからすれば、上記の記事の以下の部分、

しかし、もし(ウィルコムが)圧倒的に(早期に)緒戦を制して、そのあとうまく立ち回れば、歴史に残るような大勝利をする可能性もあると考えています。

もちろん、どちらでもない「ほどほどの状態」になって次の展開待ちになる可能性が一番高いような気もします

というように、「大勝利」シナリオも可能性としてはあるのではないかと思っているわけです。

 

ドコモPHS終了とウィルコム一社に委ねられるPHS技術

willcom No Comments

PHS自体の市場規模を決めるのは、もはやウィルコムのみです。

2.5Ghz帯を無事取得できたわけですから、無事、WiMaxに負けることなく続けていって欲しいものです。

そのためには、エリアと端末。この2つが最大の課題だとおそらくほとんどの方の認識でしょう。

社長の年始挨拶(W+VIDEO)でも、この2つが指摘されていましたし。

エリア展開は、私個人的には、とても力を入れているように感じています。

8本槍を見かけることが多くなっているという薄弱な根拠ですが。

おそらく、ウィルコム的には、端末よりもエリア展開がしやすいでしょう。

市場規模は関係ないですし、次世代PHSのエリア展開にそのままつながる設備投資ですから。

また、エリア展開は、新規顧客獲得の原動力になるだけでなく、既存顧客の満足度向上にも資するため、解約率の減少にもつながります。

あとは、端末ですね。

ここは、ジレンマなんですよね。

高機能端末であったWX310Kが売れなかったという前科がありますから。

でも、似たような通話定額を実現しているソフトバンクがあれだけの端末を出してきている以上、これに対抗しないわけには行かないように思います。

何度も同じ事を言っているような気がしますが、2台目需要には、

1、エリアの完璧さは必要ない

2、端末の機能も必要ない

3、低廉な料金が必要、ということでした。

ソフトバンクとウィルコムを比較すると、

1、エリアはどっこいどっこい

2、端末ウィルコム完敗

3、(巧く構成すれば)通話だけならソフトバンクの方が安くすませることができる

という感じになってしまいます。

ソフトバンクには専用のコンテンツも豊富ですし、一般的なユーザーは、そっちにいってしまうでしょうね。

ウィルコム的には、それでも黒字を確保できれば良いとか、新たなマーケットでもうけようとか、マチュアなユーザーに選ばれていればそれでいいとか考えているのかもしれません。

もちろん、それは経営戦略的にはありです。

しかし、この市場規模のままでよいのでしょうか。

PHS技術・市場全体を考えると、やはり市場規模は非常に重要になると感じています。

中国の市場が大きいとはいえ、これも縮小傾向にあります。

やはり、マーケットの拡大路線にも乗るべきではないかと。

 
Icons by N.Design Studio. Designed By Ben Swift. Powered by WordPress, Linux Web Hosting, and Free WordPress Themes
Entries RSS Comments RSS ログイン