auに引き続き、ドコモも家族間通話・メール無料を4月1日から開始

3G, モバイル No Comments

NTTドコモ公式ページ:家族間通話の詳細PDF(PDFへのリンクです)

というわけで、auもついこの間、24時間、家族間通話無料を発表したばかりですが、ドコモも4月1日から開始するようです。

やっぱりやりましたね。読み通りでした。

ドコモを2台目にしといてよかった~。これで、ウィルコムにしてくれない家族とも通話定額実現。

 

SO905iCSファーストインプレッション

3G, モバイル No Comments

初めに断っておきます。めんどい&時間無いので、あんましいじくってないです。ほんとに、印象だけお伝えします。

  • microSDは、写真の書き込み速度を重視し、高速モデル(BUFFALOのRMSD-BS2GA)にしました。(正常動作)
  • アドエスでドコモから絵文字入りのメールを受信すると表示されないが、そのままドコモの端末に転送すれば、ちゃんと絵文字が表示される。デコメールは、知らない。
  • カメラ良いです。でも、同じ画素数のCyber-Shotと比べたら、そりゃ酷ってもんです。

    でも、アドエスや、京ぽん2、昔使ってたSO506iCやN901iCに比べたら雲泥の差です。

  • 細かい点が、SO506iCから退化してます。

    本当に細かい点ですが、こまごまと退化してます。いらいらしました。

  • ちょっともっさりです。

    N901iCほどじゃないですが、SO506iCと比べるともっさりです。

    いろいろと設定をいじってまぁまぁになります。とはいえ、サブとして使ってるのであまり気にしませんが。

  • GSMに対応したのは良いけど、デフォルトでW-CDMA/GSMモードになっており、無駄に電池を食う設定になっている。

    やけに電池持たないと思ったら、そんな罠があった。説明しとけ。

  • MP3再生できないって何?
  • 「+JOG」ですが、微妙です。

    2chで、「小さい上に手ごたえが無いからどれくらいまわせばどれくらい動くって言う感覚がかなり把握しづらいですね」という指摘がありましたが、まさにその通りです。

    私的には、SO506iCのようなディスクジョグでよかったのではなかろうかと思います。

  • おサイフケータイというかモバイルSuicaですが、感動しました。初めて使ってみたのですが、普通に使えて感動しました。

    該当アプリを起動しながら改札を通らなければいけないのかとか勘違いしてたのですが、ちゃんと設定が終わっていれば、本体の電源が入っていなくても大丈夫なようです。

    機会があれば、「iD」に挑戦してみます。いや、ウィルコム端末にも欲しいとか言う人の意味が分かった。

  • というわけで、この端末を切符(定期券)とカメラ代わりに使っています。個人的には満足です。

一台目だとしたら、結構細かい部分で退化してるので不満たらたらです。

私は、「9(nine)」のような素直でシンプルな端末が好きみたいです。

  • 以下に、SO905iCSで、撮った写真を。(重いので、パケット定額ないしPCでの閲覧が必要かと思われます。)
  • 渋谷です。猫です。ひなたぼっこみたいです。結構あたたかかったです。

    奥のビルの上に、8本槍が2つ立っているのが見えますでしょうか?っていうか、ズームするの忘れました。

    さすが、渋谷と感じた瞬間です。

    以下は、マクロ試し撮りです。

    なかなかの写りですね。ワンセグよりも、私はこっちですね。カメラ機能の起動ももっさりなところがちょっとアレですが。

     

    ウィルコム新CM「ごめんねメール編」は、もっと評価されるべき

    willcom No Comments

    ウィルコムの新しいCM「ごめんねメール編」(注:動画ファイルへのリンク)がなかなか良い感じです。

    ウィルコム定額プランは、メールが無料というだけでなく、他社は、受信も有料であるという点をついています。

    そして、最後に「いつも、一緒にいる感じ」と出ます。

    この「いつも、一緒にいる感じ」というフレーズは、秀逸だと思います。

    細切れの時間は、メールで、ちょっとした時間でも電話で。それが基本料金の中ですべてできるのだということを示す、良いフレーズではないかと。

    「っていうか、そんなに近いならメールじゃなくて直接会えよ」というつっこみも入れられるオチになってます。(上の画像を見て気づいた)

    以上、CMについての感想でした。

     

    ドコモとのダブルホルダーになりました。

    3G, willcom, モバイル No Comments

    私事ですが、ドコモとのダブルホルダーになりました。

    ドコモの方は、「SO905iCS」(Cyber-Shotケータイ)です。

    さっそく、ウィルコムからドコモへの着信転送サービスを申し込みました。

    で、Cyber-Shotケータイということで、試しに、スーパーマクロモード+1Mで撮ってみました▼

    結構綺麗ですね。

     

    「Speedmail」ライトEメールで高速メール送信(W-ZERO3)

    PHS, willcom No Comments

    アドエス(Advanced/W-ZERO3[es])にて、ライトEメールを用いた高速メール送信の話題が持ち上がっています。

    これを簡便に実現できるツール、「Speedmail」を「WILLCOM NEWS LABO」さんで、公開なさっています。(追記:下から最新版へのリンク

    以下、使い方を簡単にまとめてみました。

    【「Speedmail」の使い方】(注:2/22現在)

    1、「オンラインサインアップ」から、ライトEメールを「送信のみ利用する」に設定する。

    2、上記サイトから、「Speedmail」をダウンロードし、任意のフォルダに解凍。

    3、解凍先から、「Speedmail.exe」を起動。(「SendLightmail.exe」と注意。)

    4、以下の画像の通り、入力して、送信。

    5、送信完了のダイアログ

    ▼キャプチャ画像

    すばらしく早いです。文字数が少ないですが。これで絵文字でも使えると最高ですね。

    素晴らしいツールをありがとうございます。

    【追記】

    私の所よりも、詳しい解説記事がありましたので、リンクしておきます。

    【さらに追記】

    最新版が出てます。WILLCOM NEWS LABO | SpeedMail

     

    auも、家族間定額通話を実現

    モバイル No Comments

    KDDI 会社情報: ニュースリリース > 「家族割」と「誰でも割」の併用で、家族への国内通話が24時間無料に

    おどろきです。

    auのインフラは大丈夫なのでしょうか。

    このサービスに、落とし穴が無く、インフラにも問題がないとしたら、「2台目需要」自体が半減するように思います。

    恋人同士でも、どちらかが2台契約すればすむことです。

    それとも、同一名義で2台の場合には家族割は、適用できないのでしょうか。

    かくいう私も、これはいいな、と思ってしまった次第です。

    といっても、W-VALUEで買っちゃったので、解約はしませんが。

    ダブルホルダーになろうかな…。

     

    ウィルコム「新つなぎ放題」発表

    willcom, モバイル No Comments

    というわけで、データ専用プランですが、「新つなぎ放題」が発表されました。

    これは、データ専用につかうプランで、通話は出来ませんが、1x~8xまでが、3880円で使い放題というプランです。

    現状、W-VALUE SELECTで、AIR-EDGE[PRO]を契約すると6000円で使い放題だったので、だいぶ安くなりました。

    ただし、このW-VALUE SELECTと比べると駄目になった部分もありますので、微妙な点もあります。

    駄目になった部分として、大きいのは、マルチパックが使えません。

    このマルチパックを使えば、「W-VALUE SELECT+つなぎ放題[PRO]」ですと、基本料タダで、ウィルコム定額プランの音声端末を追加契約することができます。

    すなわち、月額6000円で、つなぎ放題{PRO]とウィルコム定額プランの恩恵が受けられるわけです。

    ちなみに、つなぎ放題[PRO]は、「ウィルコム無線LANオプション」が無料です。

    今回のこの新つなぎ放題プラン+もう一台ウィルコム定額プランですと、3880円+2200円(ファミリーパック)で、6080円。

    80円高い上に、無線LANオプションがつかないものと思われます。

    あんましお得でも無いような気がします。

    まぁ、データ通信だけ使おうという人で、AX530IN(8x)をさせるスロット(PCMCIA)があり、かつ使用シーンにアンテナが複数ある場合の人には、とても良いのではないでしょうか。

    しかし、マルチパックは、可能にしてほしいなぁ。

    ちなみに、うぎょ!大ニュース!新つなぎ放題は1x~8x月額3880円!つなぎ放題! (なおっきのぶろぐ)にて、

    ていうことは・・・音声のデータ定額とかリアルインターネットプラスとかにも影響がでるから、

    こっちも、新しくなる可能性大?!じゃない?

    プラス2100円で無制限一本勝負とか出来そうじゃない?

    8xまで使い放題。パソコンでもね。で、

    5000円で通話放題、データ放題完結!

    なんて?これでウィルコムむっちゃシンプルになるやん!

    データ定額3880円

    音声定額2900円

    両方定額5000円

    なんていう妄想が繰り広げられております。

    両方定額5000円は、無いと思いますが、6000円くらいはあり得るのではないかと。

    音声端末で8x使える端末ないですし、今のウィルコム定額プラン+リアルインターネットプラスの5000円ともあまり変わりませんが。

    しかし、シンプルになるという点では良いと思います。

    ウィルコム定額プランは、ウィルコム同士の通話だけでなく、すべての相手とのメールも無料なので、その点で値下げは厳しいでしょう。

    というわけで、シンプルにしたいという点をかなり優先的に考えて、妄想すると、

    音声定額2000円

    メール定額900円

    データ定額3880円(実現中)

    すべて定額6000円

    ってなかんじになるでしょうか。

    で、マルチパックは、「2契約以上の方、500円引き」っていうこれまたシンプルな感じに。

    ちなみに、音声定額プランは、メールの使用量、データ通信の使用量に応じて、メール定額とデータ定額が、自動で適用されるようにする。

    これで、「ダブル定額」やらなんやらも作らなくて良い。もともとパケット代安いからこれで。

    あんまし意味無いかな?

    いや、気になってたのは、ウィルコム定額プランにはメール定額も入っているという点。

    二台目需要を狙うといってたけれども、ウィルコムの端末のメール機能に、メインの端末のメール機能を排するだけの魅力があるかどうかは疑問。

    それ以上に、メインの端末には魅力的なコンテンツが豊富にあるという点で、メイン端末のデータ通信定額オプションを排するのは難しい。

    ということは、すでに、メイン端末でメールは定額なわけです。

    あとは、通話の定額ニーズだけが残る。

    ここらへんも、ソフトバンクモバイルのホワイトプランが数を増やしてる一因だと思う。

    というわけで、通話定額部分とメール定額部分を切り離してはどうか、という提案。

    でも、これだと、1~21時通話定額980円と、24時間通話定額2000円じゃやっぱり勝ち目無いかな。

    う~ん、むずかしいなぁ。

    まとまらないけど、これで。あえて、このまま掲載しちゃおう。

     

    ウィルコム@東京

    willcom No Comments

    最近、転職活動中なのですが、東京に行く機会が増えています。

    で、東京でももちろんウィルコムの基地局を見かけるわけですが、その見かけ度合いが半端じゃない。

    ふと立ち止まって、見渡すと、かならず複数個あるくらいの勢い。

    一つのマンションに、8本槍が2つあったときはびびった。

    東京すげー、と。(田舎ものです)

    Webでのレスポンス、速度もかなり速くて、2xで70kbps余裕で出る。

    動画でも見ない限り、かなり快適。

    全国でこうなったら凄いなぁと思う。ならないだろうけど。

    まぁ、田舎ものとしては、京セラの新基地局で、「大容量かつマクロセル」のKDASH3が、どの程度か、楽しみです。

     

    週刊ダイアモンド読んできました。

    willcom No Comments

    確かに、コアネットワークについての記述は無い。

    というか、技術的な解説が無い。

    WiMAXの優位性についても無い。

    単純に、ウィルコムの意気込みと、2.5GHz帯論争の(限りなく表に近い)舞台裏を書いてるだけ。

    あとは、ウィルコムの買収時のことが書いてあったのと、ソフトバンクとのメール料金比較。

    このメール料金比較が、今回ウィルコムが宣伝したかった部分なんだろうな。

    それにくわえて、通話定額の部分も、意外なところで、宣伝されてるみたい。

    これが、ウィルコムの差し金だとしたら、うまいな。たぶん、違うと思うけど。

    やっぱり、まだまだ、ウィルコムは知名度が足りない。

    足りないって言うか、一応競合しているソフトバンクの知名度・宣伝の巧みさが強すぎる。

    もっともっと通話定額プランの優位性を地道にアピールして行かなきゃね。

    あとは、速度。次世代PHSおよび高度化PHSに期待。

     

    週刊ダイヤモンド 08年2月16日号

    willcom 1 Comment

    「週刊ダイヤモンド 08年2月16日号」にて、ウィルコムの特集が掲載されているみたいです。

    特集

    いつの間にか“最先端”

    PHSのウィルコムが主役の座に躍り出る日

    携帯電話とは異なった技術体系が高速大容量時代には強みに転じる

    Column ほとんどの技術者がKDDIに戻る道を選択しなかった理由

    Column あの白いイヌは誰だ? 舞台をCMに移して“場外乱闘”続行中

    Interview ウィルコム社長●喜久川政樹

    あ、ちなみに、これ、池田信夫さんのBlogの記事で知りました。

    で、そこには、以下のようなことが記されていました。

    今週号の「ウィルコム・負け組からの脱却」も、他社や客観的な立場の専門家への取材もしないで、技術的な実態の不明な「次世代PHS」の宣伝をしている。私もPHSのユーザーだったが、去年やめた。自宅(東京・自由が丘)からさえ満足につながらないからだ。コアネットワークがISDNという日の丸技術に「次世代」があるのか、と誰もが疑問に思っているのに、この記事はまるでPR記事かと思うほど一方的な内容だ。

    池田信夫さんのBlog、私は、とても好きなのですが、どうも、あんまり次世代PHSについては、御存じないようです。

    まぁ、どういう記事かもわからないので(明日というか今日探しに行ってきますが)、なんとも言えないですが。

    一応、指摘しておきますが、次世代PHSのコアネットワークはISDNではありません。

    というか、現行PHSのコアネットワークも光に順次移行してますしね。

    去年までPHSユーザーだったということで、速度・エリアへの不満は確かにそのとおり、ってかんじですけど。

    そこらへんは、この記事に書かれてないんですかね…。

     
    Icons by N.Design Studio. Designed By Ben Swift. Powered by WordPress, Linux Web Hosting, and Free WordPress Themes
    Entries RSS Comments RSS ログイン