中国でW-SIMを採用へ

PHS, willcom, WILLCOM CORE(XGP) 6 Comments

WILLCOM|「W-SIM」(ウィルコムシム)の中国での採用について ~ウィルコムと中国網通が「W-SIM」の海外用新インターフェースを共同開発~

とうとう来た。

どうやらハードとしてはほぼ同一のもののようです。

サイズは一緒でちょっと重いようです。おそらく、日本用のSIMに、中国用の何かを加えているのだと思います。

W-SIM構想は、一つの山を越えました。

これで、W-SIMの製造コストは下がり、さらに次世代PHSをSIM対応にすれば、中国に売り込みやすくなります。

中国需要が見込めれば、メーカーもコストをかけて次世代PHS用SIMを作りやすいでしょうね。

対応端末が増えるかどうかについては微妙な気もしますが、XPLATEのような端末を作りやすくなったということでしょうね。

以後が楽しみな発表でした。

 

ドコモがAndroidを採用する方向へ

3G, willcom, モバイル No Comments

※画像はイメージです。

読売Online:ドコモ携帯、基本ソフトの設計簡素化へ

読売オンラインの記事によると、ドコモがプラットフォームをGoogleが推進する「Android」に統一するようです。

その目的は、OS部分を簡素化し、各機能の部分をモジュール化することで、低価格・低機能の端末からハイエンドまでの端末開発をよりしやすくし、国際展開も出来る端末開発体制を整えようということのようです。

つい先日、ソニーエリクソンが、SO905iCSを最後にドコモから撤退か?というような報道がありました。私は、SO705iのように、ソニーエリクソンオリジナルの開発ではなくLinuxを主体としたOEMで端末の供給を継続していくのだと思っています。

そして、この流れをドコモがAndroidを採用するという方向で全体に推し進めようとしているのだと私は受け止めました。

一応指摘しておきますが、Androidは、LinuxをOSとして採用し、その上に、いくつかのモジュールを加えて一つのパッケージとして完成した「モバイル端末プラットフォーム」であり、そのうちのひとつのモジュールとして、Googleのサービスが取り込まれているだけです。

つまり、Androidを採用するということは、LinuxやSymbianに代表されるOSを主体としたプラットフォームづくりから、さらに一歩すすめてLinuxに統一しようということにほかなりません。

では、なぜLinuxではなく、Androidかといえば、それはおそらくライセンスがオープンで、かつプロアマ含めて開発者が大量に確保できるという点でしょう。それは、安価・高機能・開発時間の短縮・プラットフォームとしての魅力につながります。また、NECやPanasonicというドコモの主要なメーカーがLinuxをすでに採用していることも大きいのではないかと思います。

この流れが実現すれば、ドコモの端末はすべてOSとしてLinuxを採用することになり、またその流れから、ドコモと同時にauやSoftBankに端末を提供しているメーカー(Panasonic、SHARP、ソニーエリクソン)は、au、SoftBank向けの端末にもAndroidを採用するようになるかもしれません。

これは、ドコモ、そして、端末メーカー全体の抱えるジレンマをうまく解消する一手であるといっていいでしょう。

まず、割賦販売の普及によって、価格帯に差が無くなれば、ハイエンドの端末しか大々的に売れなくなるというジレンマ。

次に、一方で、海外で競争力を持つには、ハイエンドの端末では駄目だというジレンマ。

そして、開発費の高騰と開発期間の短縮化、そして、端末の販売数の下落、国内市場の飽和というジレンマです。

たくさんありますが、これの大部分を解消しようというのが、今回のAndroidの採用という流れということだと思います。

auは、すでに共通プラットフォームとしてKCP+を採用し、SoftBankもPOP-iというプラットフォームを採用しています。

ドコモだけは、共通のプラットフォームを採用していなかったので、少し遅れているとも言えます。

ただ、だからこそ、Androidを採用できたとも言えるでしょう。日本のキャリアで最もGoogleに近くなり、また、最も多くのAndroid端末を供給するキャリアになるかもしれません。

いまだAndroidの全貌ははっきりしませんが、Googleが、アメリカでの700MHz帯を取得できなかった点からしてもAndroidに力を入れてくることでしょうから、市場の期待値はかなり高いといえるでしょう。

一方で、ドコモなどが推進する次世代高速通信(LTE)についても、市場の期待値がかなり高いようです。(少なくともモバイルWiMAXよりは)

というわけで、次世代の雄ともいえる端末プラットフォームと通信方式をドコモは採用すると言うことなのです。これは、最大手らしい挑戦とも言えるような気がします。

最大手のドコモが採用という流れが、波及するかどうかは分かりませんが、影響を与えないということは無いと思います。

さて、ウィルコムなんですが、これがどうにもわからない。

現状、基本的にOSとしては、TRONか、WindowsMobileかという感じです。

ただ、W-SIMとAndroidの動作実験をウィルコム本体ではないにしろやっていたので、Androidを採用する可能性が無いとはいえないと思います。

というか、SIMとAndroidを採用したプラットフォームをウィルコムが作っちゃえば、ドコモに付いていってAndroidを採用すると思われる大手メーカーも参入しやすくなりますね。

逆に大手メーカーでなくとも参入しやすくなるという点の方がウィルコムとしては大きいかも知れません。

また、Googleの考えとしては、携帯電話端末に限ったプラットフォームとは見なしていないようなので、例えばiPodに対抗するミュージックプレーヤのプラットフォームとして採用されるかも知れません。

iPhoneとiPodTouchにプラットフォーム上の差異が無いように、これは可能性が高いと思っています。

で、そこに「通信機能」を加えようというメーカーが出てもおかしくありません。

ここにウィルコムが入る余地があるのではないかと思っています。次世代PHSのW-SIMならば、通信速度・容量も問題ありませんし、なにより開発が容易になります。

というわけで、ウィルコムも、早急にAndroidを基軸としたW-SIMプラットフォームを作ってしまったらどうでしょう、という話でした。

まあ、京セラがW-SIMに関わってこない限り無理かも知れませんが、次世代PHSのW-SIMもネットインデックスが作るとも限りません。

リスクヘッジとして、ネットインデックスとアルテル以外にもう一者、そこに京セラが次世代PHSのSIMをというのもおもしろいかも知れません。

中国での次世代PHS展開への後押しにもなりますし、どうでしょう、ドコモのAndroid展開に乗ってみるというのは。

Android用のおサイフケータイモジュールもドコモが作ってくれそうですし、利用しやすいかも知れません。

そんな提案・妄想でした。まとまっていない文章ですいませんが、時間もないので、このまま載せちゃいます。

以下、参考リンク

AndroidのUIスクリーンショット写真集 : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン)

 

本日、アドエスピンク発売開始。それに加えて、アドエス最新ファームアップ開始

willcom No Comments

だったよね?…ファームアップしたら、レビューしたいと思います。

Advanced/W-ZERO3[es]ファームアップソフト・ダウンロードページへ

発表されました。というわけで、レビューします。

【注意点】

  1. ファームアップソフトは、18.7MB
  2. ファームアップには、本体の空き容量として45MB必要。
  3. メールの修正パッチをインストールされている方は、メールの修正パッチを削除する必要があるそうです。(手順はダウンロードサイトに記載されています)
  4. カメラシャッター音を消すソフトへの対策がなされているようです。(追記:一見ちゃんと音が消えているかのように思えますが、保存された写真を見ると真っ白です。)
  5. Operaのブックマークが消えるそうですが、ちゃんと復旧する方法が公式ダウンロードサイトに記載されているようです

【アップデート内容】(「1.02」「1.02a」→「2.00a」のアップデート内容)

  1. ホームメニュー機能を追加しました。(これによりToday画面の操作が変わります。Todayの設定画面から元に戻せます)
  2. クイックメモ機能を追加しました。
  3. W-ZERO3メールをバージョンアップしました。
  4. その他、動作の安定性を向上しました。

手順などは、公式ダウンロードサイトや他のサイトを見てください。

私が気づいた点、思った点だけ、書きます。

いつもの通りアップデート。ACアダプタを挿せと怒られるのもいつもの通り。

で、無事終わると、「無事終わったよ報告」の次に、Operaのアップデート。

旧Operaのアンインストールと新Operaのインストールが始まる。

で、Operaのインストールが完了してTodayに戻ると、メモ欄が出来てて激しく不快。

いきなりイメージ悪い。とりあえず、元に戻そう。

で、「Today」の操作項目を開いたついでに、今回のアップデートで「ホームメニュー」機能が出来たことへの対策としてボタン操作を変える。私は、ホームメニューを使わないので、「パターン3」に。

ちょうど、W-ZERO3[es]のファームバージョンが1.5だかになってホームメニューが新設されたときと同じ対応。

で、一番の目的のW-ZERO3メールを試してみる。

事前に、ドコモから絵文字入りのメールを送っておいたのだけれども、それが完璧に表示されている。お~。

今度は、このアドエスから、絵文字をドコモに送ってみよう。

メニューの「Web用絵文字」がドコモの絵文字になっております。

アドエスからドコモへの絵文字は完璧。

で、アドエスからドコモへの装飾メール(デコラティブメール)を試してみる。これも可能。

ドコモから、テンプレートを用いてアドエスへデコメール。

これも完璧。おそらくテンプレートによっては正しく送信できないだろうが、一応大丈夫。

アドエスのW-ZERO3メールもテンプレートに対応しているようなので、シャープやウィルコム、その他有志の方に期待しよう。(他力本願)

ちなみに、テキストメールから装飾メール(デコラティブメール)に切り替えることができるのですが、その際には、「絵文字」が削除されてしまします。

ただし、その場合「Web用絵文字」は消えません。他キャリアへのメールは、ドコモ用の絵文字を使うと何かと使い勝手が良さそうです。

私は元々ドコモ用の絵文字しか使ってないので大歓迎です。ちなみに、もとからライトメールではすべての絵文字が使えます。

これで、対ドコモということで見れば、アドエスは最強のメール端末になりました。絵文字・デコ対応、フルキーボード搭載。で、ウィルコム定額プランでは、メールの送受信がすべて(ドコモ相手でも)無料です。

 

WX331K(HONEY BEE)の公式紹介ページのメール表示欄がもっと評価されるべき件について

willcom No Comments

WILLCOM | HONEY BEE

上記のウィルコム公式ページ内に、「WX331K(HONEY BEE)」の紹介があるのですが、そのメール表示例にびっくり。

内容が変わっており、しかも、その内容が、下のようになってます。

マタ~リ話すのは、夜9時過ぎがほとんど」

公式に2ch用語を使うような会社でしたっけ、ウィルコム?

(べつにいいけど、びっくりしたのでついエントリー化)

 

Gmail対応、自動時刻補正機能などの機能追加:「9(nine)」のファームアップ

willcom No Comments

「9(nine)」 WS009KE 本体バージョン V107アップデートソフトを公開しました|株式会社KES ケーイーエス

  • より多くの着信メロディ・待受画像コンテンツにアクセス可能になりました。
  • 自動日付補正機能を追加しました。
  • 端末動作安定性の向上。

来た。というか、自動時刻補正ぐっじょぶ。

Gmailにも、対応したようです。以下、証拠写真。

簡単ログインにも対応して欲しいものですな。

 

やっときた。メール容量拡充とアドエスファームアップ

willcom No Comments

というわけで、私が個人的にも待ちわびていたニュースが二つ来ました。

まずは、メールの容量の拡大。

現在の1MBから、15MBまで拡大されます。

ウィルコム定額プランは、メール料金がすべて無料なため、ちょっとしたファイルのやりとりなどに活用の幅が広がりそうです。

つぎに、新色発売と同時に、アドエスの新たなファームアップが、19日から行えるようになるようです。

今回のファームアップでは、W-ZERO3メールの機能アップが主な焦点です。

デコラティブメール対応と、絵文字対応です。

ついでに、絵文字エディタでも付ければ、他キャリアにも対抗できるのに。タッチパッドだし。

んで、今回のファームから、ホームメニューが復活します。何で今頃?

あと、クイックメモですね。これ結構良いですね。イヤホンで電話しなきゃですけど。通話中にちょっとまってくださいね~、っていうのかな。

 
Icons by N.Design Studio. Designed By Ben Swift. Powered by WordPress, Linux Web Hosting, and Free WordPress Themes
Entries RSS Comments RSS ログイン