ウィルコムがコンテンツサービスを拡充-「とりほ~だいらんど」を開始

willcom 1 Comment
とりほ~だいらんど表示例

ウィルコムがコンテンツを拡充しました。
その内容が、ウィルコムらしからぬ(汗)まともなものでびっくりしました。

ゲームアプリや、全話読める漫画コミック、デコメ素材、動画などのコンテンツが情報料無料で提供されています。(パケット代はかかります)

ちなみに月間の配信数について、ケータイWatchによると、

月間の配信数は、ゲームが10本程度、コミックが2本程度、動画が30本程度となる。デコメ素材は毎週400点用意される。このほか、BAUMや HONEY BEEなど、WX300K以降の京セラ製端末向けに着信ボイスの提供が開始される。ファイルサイズは10秒程度で約105KB。

とのことです。

意外と(?)まともなコンテンツ

アプリは有名なソフトが2本とその他ジャンルが様々なソフトがあります。「とことんぷよぷよ特別版」や「悪魔城ドラキュラ」は無料と聞いたらダウンロードせずにはいられませんでした。

今のところ、提供アプリは以下のような感じです。

  • ウチの猫:猫育成ゲーム
  • エア・ガンナー:クリア状況でステージ変化するSTG
  • 明日キミに…:正統派乙女ゲーム
  • バハムートの洞窟:簡単操作の本格アクション
  • DX大富豪
  • ウェイトレス奮闘記
  • とことんぷよぷよ
  • イラストロジックplus
  • ぼくは航空管制官 初級/宮崎空港
  • 悪魔城ドラキュラ

結構多彩です。

悪魔城ドラキュラ表示例悪魔城ドラキュラ表示例2ぷよぷよ表示例
 

コミックは、「ジェネラル・ルージュの凱旋」と「蟹工船」が全話無料で提供されるようです。

現在、「ジェネラル・ルージュの凱旋」は、1~6話まで提供されています。(1~6“巻”ではないので注意)

データの容量は、以下のような感じです。

  • ジェネラル・ルージュの凱旋(1):854KB
  • ジェネラル・ルージュの凱旋(2):1.33MB
  • ジェネラル・ルージュの凱旋(3):1.4MB
  • ジェネラル・ルージュの凱旋(4):1.38MB
  • ジェネラル・ルージュの凱旋(5):1.4MB
  • ジェネラル・ルージュの凱旋(6):1.42MB

なお、漫画ビューアアプリのダウンロードも必要です。WX340Kはデフォルトで入っていますが、私は更新(電波状態が良い状態・移動していない状態で1分弱)が入りました。

3話ずつ追加で無料公開していくようです。正直、毎月見に行ってしまいそうです。
電車通勤の方で、地下鉄などでない方は、結構楽しめそうです。
漫画ビューアアプリも、実は初めて使ったのですが、1ページずつダウンロードしていく上に基本的にモノクロ画像なので読み込みもスムーズでストレスを感じませんでした。サクサク次へ次へというわけではないですが、1コマでもアクションしたりバイブしたり順々に台詞が表示されていくので、ただ漫画を見るという感じではありません。私は気に入りましたし、携帯にはこれが適しているとも思いました。

ただ、難点もあります。データの取得には非効率な部分も散見されます(タイトル画像を話毎に通信して読みに行っているのでは?など)。また、どの話を読むかの選択画面ではタイトルが長すぎて、選ぶ際スクロールを待たなければなりません。ソートも貧弱で昇順か降順かも選べません。さらに、アプリだと解像度がQVGA固定のようで、上部分に黒い空白があります。美しくありません。後は、端末の問題ですが、WX340Kだと漫画を6話ダウンロードし、読んで~…、というだけで、電池のメモリが一つ減りました。そこはちょっと微妙ですね。

でも、無料なので読んじゃいます。どうせパケット代は上限行くので。そうでない方も、少し読むと先がきになりますし、暇つぶしにはもってこいですので、なかなかよいのではないでしょうか。

パケット定額は必須と思われますので、ご注意ください。ただ、「(ただの)ウィルコム定額プラン」なら、パケット代も格安なので、アプリ1つ、2つくらいならパケット定額は不要かもしれません。

ソフトバンクの後追いでも、ウィルコムにとって大きな意味

ウィルコムがコンテンツを買い、無料で提供。ユーザーはパケット代を払いコンテンツをダウンロード。ウィルコムはコンテンツ買い取り料とユーザーからのパケット代の差額を利益とするという構造でしょう。

単純にみると利益率は低そうですが、将来的に見て重要な試みと思えます。
現状では、速度的に「W+Video」などは厳しいように思いますが、XGPを搭載した音声端末やスマートフォンが出る場合にはこれらのコンテンツも実用的になるかもしれないからです。

正直、アプリだけでも提供してくれたらありがたかったりします。
しかも、その本数は1,2本ではなく10本で、定期的に更新されるとのことですから、そもそも定期的にチェックしに行きたくなるコンテンツができたわけで、その効果はウィルコム的には大きいのではないかと思います。

問題は、更新の頻度と内容ですね。
モバイルコンテンツ全般に言えますが、頻度と内容が良くないと定期的に見に行こうとは思いませんので。

あとは、W+BLOGで簡単に紹介できるようにしてアフィリエイト的展開とするのもおもしろいかもしれません。各種サービス間の連携ですね。

ちょうどWX340Kに機種変更したばかりですし、結構毎週楽しみにしたいかと思います。
待ち受けFlashもぜひ追加してほしいところです。

 

ここ最近のウィルコムの動きについて

willcom No Comments

XGP関連の良い前評判がちらほら見かけることができ、ワクワクが止まらない今日この頃です。

私は、IODATAの「PCC-WSIM」(WS014INと同モデル)をフル活用して仕事をしております。都内だとほんとこれで十分な上に便利でたまらないです。サブ回線として月額980円のWS014INは非常に魅力的だと思います。ホント、XGP版のSIMを早く出してほしいです。あと数年は無理っぽいですが、しかし出たら最高です

どちらかといえば、3G対応のW-SIMはすぐ出せそうな予感もするので、そっちを出してほしかったりします。いろいろとめんどくさそうなので出さなそうですが…

しかし、XGPはすごいですね。本当に256QAMで動かすとわ…現状だと、モバイルWiMaxと受信速度で大差が無いとかいわれてますが、最大速度が倍で大差ないってのもどうなんだろう。しかもトラフィックが増すにつれて、XGP(マイクロセル)優位でしょうし、やはり、次世代データ通信はXGPがかなり良いところまでいきそうですね。私も居住しているところがエリアに入れば、契約してしまうかもしれません。

他方で、モバイルWiMAXもがんばっていますね。速度や安定性についてもそうですがマーケティングでもかなりがんばっているようです。「WiMAX」という単語をよく見かけます。ただ、これだとますます「WiMAX」のイメージが「モバイルWiMAX」に定着し、正確な名称が揺らいでいく気がします。新聞もいまだに間違ってますし。
さすが、KDDIもといUQコミュニケーションズという感じです。これから先、モバイルWiMAXも楽しみです。

あと気になるところは、LTE業者に割り当てられた帯域の狭さと、ソフトバンクの経営状態(汗)…両者とも大丈夫でしょうか。ソフトバンク、基本使用料を「月月割」の対象外に – ケータイ Watchというニュースも気になります。

XGPで、送信速度が速いことについては、数年前ならば異論が相当あったでしょうか、最近ではほとんど聞かれませんね。むしろ、相当良い雰囲気で受け入れられている気がします。いわゆる「Web2.0」トレンドによって、個人が「送信」する機会が増えていますし、クラウドコンピューティングには送信速度がむしろ重要です。すでに送信ではモバイルWiMAXよりも早いらしいですが、その点でもXGPは最強を誇ってくれるとうれしいですね。

 
Icons by N.Design Studio. Designed By Ben Swift. Powered by WordPress, Linux Web Hosting, and Free WordPress Themes
Entries RSS Comments RSS ログイン