OPhoneについて雑感&リンク集

モバイル 1 Comment

OPhoneは、OMSというOSを搭載した携帯端末のこと。OMSは、チャイナモバイルが推進するAndroid上に構築されたプラットフォームで、見た目は「iPhoneの偽物」的なものだが、内容としては非常にまともに作っているようだ。このプロダクトは、リリース価格が安いという利点だけでなく、あくまでAndroid上のプラットフォームなので、Androidと同様のオープン性も有するという利点もある。

かつて世界は、自動車産業がその国の力を表していた。しかし、現在ではその流れも一段落し、これからは情報通信産業がその国の力を表すようになるように思う。昔のフォードやGMが、今で言うGoogleなのだ。そして、自動車産業において、日本のプロダクトは、最初は模倣だといわれ、馬鹿にされてきた。今は世界と渡り合って、世界でも先進国と言われる。私は、この昔の日本の自動車産業のような姿を今の中国・インドなどの情報通信産業に見ている。

だとすると、このOPhoneを馬鹿にしてみることはできない。個人的に利用する機会はおそらくしばらくの間はないだろうが、注視していきたいと思っている。

 

来年度は、Android普及元年。そのとき、ウィルコムは?

3G, willcom, モバイル 4 Comments

ドコモ、ソフトバンクといった携帯キャリアだけでなく、シャープやNECといったメーカーまで、Androidを搭載した携帯端末を出すという発表を行っています。(⇒参考記事へのリンク

シャープについては、ウィルコムにも端末を供給していますし、WILLCOM CORE 3Gに対応した「HYBRID W-ZERO3」を出すくらいなので、ウィルコムで可能性があるといえるのは、シャープ製のWILLCOM CORE 3Gに対応したAndroid端末ということになるでしょう。

PHS対応というよりも、W-SIM対応のAndroid端末は、メーカーにとってあまり出す意味がないので、たぶん出ないでしょう。他方で、XGPについては、そもそも通常のUSBデータ通信端末を出すのが先なので、XGP対応のAndroid端末が来年度中に出る可能性もあまり無さそうです。

ドコモから出るAndroid端末については、どんな制約がかかっているかわかりません。ソフトバンクからも、Android端末がでるとのことですが、ソフトバンクと契約するならどちらかというとiPhoneを契約したいような感じです。

う~ん、私個人的にもそろそろ、iPhoneやAndroidなどの端末でいろいろと遊びたいのですが、どうしたものか迷っています。iPod Touchでもかなり遊べるんですが、どこでも遊べないですしね。

来年度は、他キャリアでAndroid端末で盛り上がっているさなか、ウィルコムはXGPの基地局整備に追われるという感じでしょうか。

ウルトラCで、WILLCOM CORE 3G対応のiPhone出すとかだとビックリするんですけどね。

 
Icons by N.Design Studio. Designed By Ben Swift. Powered by WordPress, Linux Web Hosting, and Free WordPress Themes
Entries RSS Comments RSS ログイン