ウィルコムがストラップフォン含む冬春モデル10機種を発表

PHS, willcom 2 Comments

ウィルコムの2011年冬〜2012年春モデルラインナップ

ウィルコムが、2011年末〜2012年春にかけて発売する新機種の発表を9月21日に公式に行いました。

ずっと以前から開発が発表され、発売が噂されていた「ストラップフォン」や「イエデンワ」を含む計10機種を発売しました。

やっとストラップフォンがキターー!という感じです。

その他、京ぽん後継的な京セラ製「W01K」やネットインデックス、SIIなどのこれまでウィルコムに端末を提供してきたメーカーからそれぞれ1〜数機種が発表されています。

全体的な感想

全体的に通話にフィーチャーした端末となっています。HONEY BEEなどの系統を受け継ぐストレート型端末が主力製品、ストラップフォンなどの2台目需要を喚起する製品、ソフトバンクの回線を使うデータ通信用Wi-Fiルータ、PHSの高音質に注目したダイナミックなコンセプトの「イエデンワ」という感じです。

ソフトバンク傘下にあってPHSらしい製品が出てきたというのが、皮肉といえば皮肉です。

個人的に心配なのが、ソフトバンク傘下になったため、端末にかけられるコストが抑えられているのではないかという点です。中国製PHSチップなどを用いていないか心配ではありますが、ひとまず今回発表された端末は、京セラ、ネットインデックス、SII、ABITですので多分大丈夫かなと思っています。チップ以外でどこかケチってる部分がないか、ちょっと注目しています。

ストラップフォンについて

超ほしいです。ただ、Eメールができないのがちょっと…という感じですね。あとは値段次第でしょうか。もうGmailに統一しちゃおうかな。
モックなどがあったら見に行きたいと思っています。

 

ウィルコムが年末から春にかけて、Android端末含む10種類程度の新機種を投入と発表

willcom No Comments

ウィルコムが年末から春にかけて10機種程度の新機種を投入との報道。Android端末の計画も | WILLCOM NEWS ウィルコム関連ニュース情報サイト

PHS、反攻急ピッチ、ウィルコム、割安定額プラン、携帯にもかけ放題。(2011/09/08 日経産業新聞8ページ 2088字)
一方で、安さだけではない魅力づくりにも力を入れている。
 年末・春商戦には女性向けなど10機種程度の新商品を投入する計画。会社更生法の適用を申請してからは既存端末の改良版や新色展開が中心だったが、米ユーティースターコム製端末の投入など珍しさのある端末も出し始めた。米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマートフォンの提供も計画する。
本日の日経産業新聞によると、年末~春にかけて女性向け等10機種程度を投入
また、10機種に含まれるかはわかりませんが、Androidの投入も検討と書かれています

いきなり、キター!

Android端末をType-G or 3G併用で出してほしいなぁ。。。

 
Icons by N.Design Studio. Designed By Ben Swift. Powered by WordPress, Linux Web Hosting, and Free WordPress Themes
Entries RSS Comments RSS ログイン