W-SIM端末から通常端末へ

willcom No Comments
[9(nine)」と「PCC-WSIM(WS014IN)」と「WX340K」

もうすこし早く、W-OAM Type-G対応のSIMが出ていればあるいは通常端末へ変更しなかったかもしれないが、この度、RX420IN(アドエス+初代nine)から、通常音声端末「WX340K」に機種変更をした

生活環境の変化が一番の機種変更理由だけれど、それ以外にも理由があるのでそれを書き出してみたい。

1.W-SIMだと感度が悪い

 W-OAM効果で幾分ましとはいえ、やはりちょっと感度が悪い。アンテナが遠いスーパー内の奥の方など、相方のWX321Jだと通話できるが、nineは圏外という場面がいくつかあった。補助にドコモ回線を持っているが、転送電話だと発信元が「通知不可能」となるため使い勝手が悪かった。また、メールの受信が遅れることもあった。生活環境の変化でなるべく確実にメールを受信したくなった私としては、この点で通常端末が魅力的だった。

2.nineの電池持ちが限界だった

 一日ぎりぎり持つかな?くらいになってしまった。私は通常使っていてここまで電池持ちが悪くなることはない。おそらく原因としては、nineとnineの充電台との接触が悪く変な充放電をしてしまったことではないか。まともに充電台で充電が出来なくなってからは、nine対応のACアダプタ(非純正)を購入し、それで充電している。miniUSB端子で充電できる機器で汎用性があるため、たぶん無駄にはならないんじゃないかと勝手に期待している。

3.アドエスをフルに使う場面が無くなり、無線LANでも使える点

 生活環境の変化により、アドエスをフルに使う場面が無くなった。mp3プレーヤーを別に買ったり、nineでのブラウズ環境を整えたりして、だんだんとアドエス活用の場面が無くなっていったが、delegatelauncherすらも、PCC-WSIMの購入で必要なくなった。併せて、W-SIMを解約しても、アドエスは、無線LANで通信し、利用できる。生活環境の変化により、無線LANがデイタイムで大体使えるようになったため、W-SIMを契約している意味が薄れた。

4.XGPの高評価

 XGPとPHSのデュアル通信が可能な音声端末が出ることはまだまだ先だろう。W-SIMが出るのもだいぶ先だと予想している。そんなにモバイル通信が必要ではなくなるので、なにかあれば、WX340Kをモデムにしてごまかし、XGPが普及してきたらXGPのデータ通信端末を契約しようと思った。

5.白ロムが安かった

 モバイルモバイル池袋店というサイトでWX340K白ロム・未使用品が16,800円だった。安っ!と思って気づいたらポチって代金を振り込んでいた。後悔はしていない。白ロムはだいぶ安くなって、品揃えも拡大している。この傾向がいつまで続くかどうかは解らないが、しばらくは続くだろう。各通信キャリアは、新端末へ注力することも大事だが、多くのユーザーが高機能・高価端末を求めていないことは理解すべきだろう。
 ウィルコム以外は知らないが、白ロムによって持ち込み機種変更をするとサポートが故障の際などにサポートが全く受けられないようだ。9月から始まる「ウィルコム安心サポート」も持ち込み機種は加入できないとなっている。一種の賭けなので、皆さん注意。それでも16,800円は安いと思ったのでやっちゃいました。

6.サポートコインが貯まりすぎてた

 14枚ってなんだ。っていうか、コインって何に使えるんだ。あれ、上限枚数10枚じゃなかったっけ?(ちなみに複数契約じゃありません)…とりあえず、機種変更代金は無料にできるな、と思っている。
 今みたら、いつのまにか返金方法が郵便為替になっている。なんじゃそりゃ。相殺のほうが手間もコストもかからなそうだけど、そうでもないのかしら?…郵便局行くのめんどくさいな。

とこんな感じです。


一方で、W-SIMで居続ける理由もありました。

1.SIMの交換のみで通信規格の変更が可能

 今後、XGP対応(通常PHSとのデュアル)のW-SIMが出る可能性があるし、それ以外にも3G対応のW-SIMがでることが考えられた。ただ、XGPに関しては数年先だろうし、3G対応も数年間限定になってしまうため、出さない可能性も高いとも思った。WS014INとの組み合わせで3G対応W-SIMが出たら結構売れる気もするのだが。また、アドエスのスマートフォンとしての使い勝手は比較的良いが、iPhoneやAndroidに比べてWindowsMobileが、(少なくとも私は)見劣りした。生活環境の変化により、スマートフォンにこだわる理由もあまり無くなった。

2.場面にあわせて端末を切り替えられる

 非常に便利だった。アドエスをベースに、普段はnineを利用していた。通常の音声端末としてnineは、軽くて小さくて便利でとても重宝した。nineじゃ間に合わないときだけアドエスにして済ませたらnineに戻すということ時も多かった。PCC-WSIMを使えば、さらにPCを用いた通信にも使えた。

3.複数台の端末をもっていける

 これはかさばるという点で不利な点でもあるが、上記のように切り替えて使うのが前提で考えると、両台併せて電池の持ちが非常によかった。充電し忘れても大丈夫という感覚ですらあった。これは非常に気持ちが楽でストレスフリーとも言えた。

結局は、ライフスタイルに合わせて端末を切り替えただけですが、2年契約が基本のW-VALUE SELECTだとライフスタイルの変化に合わせる事が難しいですね。私の場合は、今回たまたま生活環境の変化と2年契約満了の時期が重なったので良かったですが。2年契約することを考えると、契約変更なしに端末を切り替えることが出来るW-SIM端末が良いかもしれません。私は、安価な白ロムで行く作戦にしましたが。

似たようなエントリ

 

コメントの投稿はこちら

Icons by N.Design Studio. Designed By Ben Swift. Powered by WordPress, Linux Web Hosting, and Free WordPress Themes
Entries RSS Comments RSS ログイン