WX340Kその後part2:NetFrontで、CSSを表示させて操作性も良くする方法

willcom No Comments

WX340K搭載のNetFrontは、デフォルトの表示モード「ケータイモード」だと、CSSが読み込まれず、見栄えがしませんし、サイト制作者の意図通り開けていません。

この「ケータイモード」は、WindowsMobile版でいうところの「テキストブラウズ」に近い仕様のようで、動作が一番軽く、cHTMLブラウザのような挙動をする代わりに、CSSを読み込んでくれないという仕様になっています。

一方、「Smart-fitモード」だと、CSSを読み込んでくれる点は良いものの、カーソル移動がポインタになり、動作が遅く使い勝手が悪いことが嫌でした。

が!

設定で、ポインタをOFFに出来ることを先ほど発見しました。(遅い…)
操作感覚は、ソフトバンクの911SHに近い操作感覚(+α)になりました。(すいません、解りづらい例えで)

これで常用したいと思います。
あ~、これはいいや。

まとめ

操作 / 項目 ケータイモード Smart-fitモード
CSS ×
戻る カーソルキー左(←) ソフトキー左
進む カーソルキー右(→) ソフトキー左からメニューを開いて「進む」を選択
ページ移動 カーソルキー上下で、ページ内リンクを辿る (ポインタON / デフォルト設定)
ポインターで移動・選択

(ポインタOFF / 設定変更可)
カーソルキー上下左右で移動・リンク選択

(ポインタ設定に関わらず)Pagepilot

表示比較

WX340K「ケータイモード(CSSオフ)」でmixiログイン画面を表示 WX340K「Smart-fitモードCSSオン)」でmixiログイン画面を表示
ケータイモード(CSS:×) Smart-fitモード(CSS:○)

設定する場所

表示モードを切り替える(ケータイモード / Smart-Fitモード)

WX340KのNetFrontで左ソフトキーを押してメニューを開いたところ

NetFrontの左ソフトメニューから、「表示モード」(上記画面例部分)を選択し、切り替えたい表示モードを選択。

ポインタのON/OFF

WX340KのNetFrontで左ソフトキーを押し、一番下の「オプション」を開いたところ

NetFrontの左ソフトメニューから、「オプション」(一番下)を開き、「ポインタ ON/OFF」(上記画面例部分)から設定。

似たようなエントリ

 

コメントの投稿はこちら

Icons by N.Design Studio. Designed By Ben Swift. Powered by WordPress, Linux Web Hosting, and Free WordPress Themes
Entries RSS Comments RSS ログイン