ウィルコムの支援に複数ファンド他ソフトバンクが名乗りをあげていることが判明

3G, PHS, willcom, WILLCOM CORE(XGP), モバイル 4 Comments

 ウィルコムの支援企業には複数のファンドの名前が挙がっており、ウィルコムの筆頭株主である米系ファンド、カーライルが年内にも支援企業を決定するとみられる。通信事業の実績に乏しいファンドが再建を果たせるか未知数でソフトバンクによる支援が有力との見方もある。

 ウィルコム買収を目指すソフトバンクは条件としてウィルコムが抱える935億円の債務の一部について金融機関が放棄することを求めている模様だ。〈関連記事8面〉
(2009年11月27日03時02分 読売新聞)

事業再生ADRを申請し、支援企業があらわれるのか注目されていたウィルコムでしたが、複数ファンドとソフトバンクが名前を挙げているようです。

まぁ、そりゃたしかに通信事業を知っているソフトバンクが一番有力っていうのはわかるんですが、どうなんだろうな~。

でも確かに、ソフトバンクはPC用定額通信の実現出来てないみたいですし、24時間通話用とかデータ通信用にウィルコム回線持ってもらって、その分3Gの容量が空くってことで、次世代通信規格用の整備・開発にお金使おうってことですかね。法人営業にも良さそうですね、病院用の低電磁波、W-VPN、定額データ通信、W-SIMによる独自端末開発の容易性。ソフトバンクの資金力があれば、W-SIMに3GとPHS両方乗せられそうですよね。そうなると、あまり違和感なく24時間通話を提供できそうですね。

ウィルコムユーザー的にも、iPhoneに比較的シームレスに移行できるのはメリットがあるでしょうね。今回発売されるHYBRID W-ZERO3にデフォルトで搭載されるUSIMの代替もしくは追加という形でソフトバンク3GのUSIMを入れるなども可能でしょうね。っていうか、あれだ。XGP対応W-SIMを出してどこでもイーサと組み合わせて、iPhoneとセットで売るとかだと最強な気がするな。それちょっとほしいし。

まぁ、後は2.5GHz帯の利用について、ちゃんとやらせてもらえるかどうかでしょう。すべて日の丸技術はナンセンスというソフトバンク、松本副社長の意見もありますし、ソフトバンクはLTEに注力したいでしょうし、どんなもんでしょうね。一応総務省との約束になってますし、やらないわけにはいかないでしょうが、3Gへの基地局投資も全然やってませんし、総務省との約束を破るのは専売特許みたいなソフトバンクですからね。総務省に対して、買収の条件に2.5GHzをLTEに使わせてとかも言いそうですよね。それが国民利益に資するといえば資するともいえますし。

逆に、XGPでWiMAXを制して、中国市場に売り込んでいくということも考えられますね。…う~ん、無いか。

まぁ、結果を待ちましょう。

 

他サイト参考記事

 

似たようなエントリ

 

4 Responses to “ウィルコムの支援に複数ファンド他ソフトバンクが名乗りをあげていることが判明”

  1. DASEW Says:
    12月 2nd, 2009 at 6:15 PM

    PHSが使えなくなる~ということなら
    あんまりご心配なさらずとも、と思いますよ。

    まず、2Gの巻き取り(停波)もままならないところが後数年のうちに
    400万PHSを停止させられますか・・・が1つ

    医療用など代替が利かないサービスに食い込んでいる部分。国が保障でもしない限り混乱を極める。
    3Gキャリアが代替するのも無理・・・が2つめ

    そしてS社のインフラ構築手段が「技術を持たずに、海外から安く買ってくる」しかも
    ベンダファイナンス(メーカーの提供するローンで買い物している)ので
    PHSインフラ運営は困難を極める
    ・海外から・・・どこから?
    ・自己資金で調達・・・?3Gインフラだけでもキツイのに?
    とが3つ目でございます。
    以上のことから乗っ取って経営するのはむずかしい。巻き取るのもむずかしい。

    一方で「売り飛ばすために支援すんだよ」説がありますが、それこそ電波行政それでいいの
    と総務省がつっ込まれる。
    ただしXGPは凍結の可能性はあり。しかしこれはS社と関係なく、銀行などがそっぽを向いたら自然そうなるだけです。

    じゃあなのために言ってんの、と。
    危機説をあおってADRを不調に終わらせたいのですかね。うーん。

  2. amaranthine Says:
    12月 3rd, 2009 at 9:36 AM

    DASEWさん、コメントありがとうございます。

    ん~、実は私が心配しているのは、通常予想される部分ではなく、そこを突き抜けた部分だったりするんですよね(^^;

    混乱しても儲ければいいや、ちゃんと運営できなくても儲ければいいや、総務省に文句言われても儲かればいいや、どうせ免許停止できないんでしょ?とかいう部分がソフトバンクにはあるように思いますし。正直、やるときはやりたい放題やる気がします。(例えば、病院の導入事例でPHSよりも3Gの方が、電磁波が弱いとした事例とか[もうソフトバンクのページは消えてるので、こちらで→ http://blog.willcomnews.com/?eid=380862]、アンテナ数の詐称とか。)

    真相は、DASEWさんが最後に言うように「ADRを不調に終わらせたい」ということではないでしょうか。そして、あわよくば「安値で買いたたきたい」ということでしょうか。ついでに言えば、ウィルコムいなくなれば、1~21時の間の通話定額もやる必要なくなりますね。

    以下の記事は、なるほどと思った記事です。(エンコードは、EUC-JPです。)
    http://www.phs-mobile.com/black/black60.html

    そもそも、ADR中にこんな情報がでてくること自体がオカシイんですよね。ADRのルールにも趣旨にも反しますし。リークしてメリットがあるのは(思いつく限り)ソフトバンクくらいですから、上記のページの内容にも説得力があるように感じます。

  3. DASEW Says:
    12月 3rd, 2009 at 7:36 PM

    ああ、そこまで突き詰めた話なのですね。つまり
    「馬鹿が包丁をにぎっているんだから、刺さないなんて誰が言える!?」というレベル。

    いやもうそこまで行くと、そんなのに街で出くわさないのを祈るだけ。としかw

    ただSは10倍のスケールの借金があるので、どんな仕掛けをするときも、貸し手のこわもてさんたちには
    「俺はほんとは正気なんですよ」と理解させとかないといけないですよね。
    きちがいとお利巧さんを同時に出来るなら全ての人を同時にペテンにかけることも出来るかもしれません。

    誰かが「王様は裸だ! 自網も自毛も危ないぞ!」と言い出したら、逆噴射の危機でありますが。

  4. amaranthine Says:
    12月 4th, 2009 at 5:49 PM

    DASEWさん

    >「馬鹿が包丁をにぎっているんだから、刺さないなんて誰が言える!?」

    巧いこと言いますね~(^^;
    リーク自体が包丁を振り回してるに等しいようにも思っています。
    包丁を握った男に出くわして、ウィルコムADRがご破算にならなければいいのですが。

    >どんな仕掛けをするときも、貸し手のこわもてさんたちには
    >「俺はほんとは正気なんですよ」と理解させとかないといけないですよね。

    そうですね。で考えても、ソフトバンク側の「利」は、データ定額通信、法人営業、24時間通話くらいなんですよね。2.5GHz帯はほしいでしょうけど、自由に使うにはいろいろめんどいでしょうし。

    >きちがいとお利巧さんを同時に出来るなら

    そこらへん上手いですからね、ソフトバンク。

    >誰かが「王様は裸だ! 自網も自毛も危ないぞ!」と言い出したら、逆噴射の危機でありますが。

    ほんと巧いですね(笑)
    このままいってもソフトバンクはジリ貧ですし、何かしなければいけないのは間違いないです。その一つにウィルコム買収もあるのかもしれません。

    しかし、ソフトバンクは話題を提供してくれてホントおもしろいですね。

コメントの投稿はこちら

Icons by N.Design Studio. Designed By Ben Swift. Powered by WordPress, Linux Web Hosting, and Free WordPress Themes
Entries RSS Comments RSS ログイン