ストラップフォン2(WX06A)購入&レビュー

willcom No Comments
ストラップフォン2イメージ

遅ればせながら、先日ストラップフォン2を購入しましたので、簡単にその感想をエントリーしたいかと思います。

完成度を高めたストラップフォン

ストラップフォンは、ABITが発売した通常の携帯電話のストラップにさえなるサイズの携帯電話(PHS)です。そのサイズは、清涼菓子のフリスク(FRISK)とほぼ同サイズであることから、フリスクフォンとも呼ばれます。

今回エントリーする「ストラップフォン2」(WX06A)は、すでに完売している「ストラップフォン」(WX03A)の後継機として開発・発売されています。様々な問題点が解決し、特にメールを利用できるようになった点が、常用端末として使うという観点から大きなポイントになります。

以下、気になるポイントごとに記していきたいと思います。

気になるポイント

サイズ・重量

さすがの小ささと軽さです。私はスラックスのポケットに携帯電話を入れるのは気持ち悪いので嫌なのですが、このストラップフォンであれば、全く気にならないくらいのサイズと重量です。
(フリスクを想像していただければ、想像しやすいというのも本端末のメリットでしょうか。)

ただ、サイズから当然各ボタンは小さくなります。各ボタンはでこぼこがあり、クリック感もあり、このサイズにしては驚くほど操作性は悪くないですが、それでも「悪くない」にとどまります。通常の音声端末からすれば当然操作性は悪くなります。

操作性

メニュー画面動作はサクサクです。Eメール送受信時も、W-OAM Type-Gのおかげかコネクションも驚くほど早く送受信にストレスを感じることはありません。

操作性は、ちょうど「9」(nine)を想像するとわかりやすいかもしれません。ストレート端末開発経験から培われたホールドスイッチや各種操作部は、慣れれば全く問題なく操作できます。
上下カーソルキーの操作性は、この大きさながら良いので、通常操作でストレスを感じることは少ないかと思います。

オーバーレイ表示の例うっすらとオーバーレイで説明が表示されるところは、この狭い画面での工夫かなとも思います。メーカーの工夫と努力がうかがえます。

電波感度

電波感度は、あまり問題を感じません。今まで使っていたWX340Kと比べてしまうと当然悪いですが、W-SIM端末ほどではないかなという感じです。

通話端末として

この大きさにしてはがんばっている感じはするのですが、やはりスピーカーに限界があるのかなという感じがします。ただ、私の場合、通常の携帯電話でもスピーカー音量が小さい端末では聞き取れないくらいなので、耳が私よりいい人はこれでいいかもしれません。

通話先応答時バイブ設定画面私の場合、このスピーカー音量だと、屋外では発信時、相手が出たことも気付かないかもしれないのですが、この点、「9」(nine)譲りの相手方が着信したらバイブで知らせる機能があり、ポイントが高いです。

通話音質は、WX340Kと比較するのは酷ですが、通常の携帯電話よりは良いかなという感じです。電波感度と相まって途切れたりすることは特段ありません。

屋内では全く問題なく通話できます。こちらから話す声が小さいとマイクの感度にひっかからずに相手に声が届きませんが、声を大きめに話せば問題ありません。

個人的に、屋外での通話ではイヤホンマイクが必須です。イヤホンマイクを利用したときの通話は、とてもストレスがなく快適に通話できます。

本端末はイヤホンジャックが無いので、microUSBタイプのイヤホンマイクを利用することができます。(以下のものが動作しました。)

メール端末として

メール選択画面やはり画面が小さく、ボタンも小さいので、長文を打つときつらいのはもちろん、長文を読むときもつらいです。
読むときは一画面に表示できる文字数が少ないためスクロール量が多くなりますし、打つときは画面が狭いため推測変換候補などが表示できず、変換効率もそんなに賢い感じでもありません。

ライトメールくらいでちょうどよい感じです。その他メルマガ読めれば良いかなとも思いましたが、ちょっとつらいです。

ウィルコムは、PCアドレスへのメール転送(端末にも転送先にも受信する)が無料なので、これを利用すれば、私としては全く不満はないのですが、Eメールを常用する方は厳しいと思います。

この大きさでオンラインサインアップができるこの大きさでオンラインサインアップのためのブラウザが入っていることに「おぉ〜」となります。

まとめ

そんなわけで、全体的には問題も解決策があるのでなんとかなるのですが、私としては特に屋外での通話が厳しい点と、声を大きくしないと話せない点がストレスで、白ロムを購入して機種変更を考えています。

WX01Kの白ロムを注文したので、また機種変更したらレビュー記事を上げたいと思っています。

フォトギャラリー

ストラップフォン2イメージ3

ストラップフォン2イメージ2

ストラップフォン2イメージ4

似たようなエントリ

 

コメントの投稿はこちら

Icons by N.Design Studio. Designed By Ben Swift. Powered by WordPress, Linux Web Hosting, and Free WordPress Themes
Entries RSS Comments RSS ログイン