ウィルコムのコンテンツ強化

willcom No Comments

昨日のエントリーにたいして、タイムリーな記事が出たので、ご紹介。

出遅れを取り戻せ~コンテンツ強化を目指すウィルコム

「いい方向に風が吹いている。音声端末も積極的に広げていきたい。コンテンツビジネスも、当然ながら力を入れたい」。いつまで、どんなことをやるとは具体的に言えないが、基本姿勢としてコンテンツは拡充するとアピールした。

具体的に「言えない」の、「言えない」は、「言えることがあるけど、今は言えない(発表する段階にない)」のか、それとも、「まだ決まってない」なのか…微妙ですね。

おそらく、方向性としては決まっていると思いますが、しばらくは、インフラの拡充度との相談になってしまうでしょうね。

んで、一つ気になるので引用。

「(ユーザーが主に閲覧するのは)Yahoo!JAPANとかGoogleかな? と思っていたら、意外や意外、我々の公式サイトを見ている。ウィルコムとしては、囲い込もうと思って意図的にやっているわけではない。(ウィルコム端末の)便利アプリとか、ツールを配信するためにゲートウェイがないと分かりにくいかな、と参考情報を配信するために作ったのだが、想像以上にアクセスがあった」

これは、実は実体験としてあります。最近、職場の人にウィルコム勧めたら、3日後に買ってきた人がいてびっくりしたのですが(^^;…その人によくよく聞いてみると、公式サイトの有料コンテンツの情報を結構知っていたりします。私は、もう最初のうちからOperaでブラウジングで無料で情報とりまくろう的な使い方をするのかな?と思っていたので意外でした。

なんというか、Windows95が、「なんでもできるからこそ、なにをすればいいのかわからない」人向けにスタートボタンを搭載したように、インターネットという「なんでもできる」空間には、スタートボタンのような入り口が必要なのでしょう。PC上のブラウザにも始めにいくつかブックマークが入っているように、そして、iモードやezwebにも、ポータルサイトが必ずあるように、必ず、「入り口」は必要になるのですね。

そして、携帯ユーザーに最も「入り口」として認知されやすいのは、公式サイトですから、上記のような動きはむしろ当然なのかもしれません。

似たようなエントリ

 

コメントの投稿はこちら

Icons by N.Design Studio. Designed By Ben Swift. Powered by WordPress, Linux Web Hosting, and Free WordPress Themes
Entries RSS Comments RSS ログイン