京ぽん2用着うた作成

willcom 2 Comments

私は、

1、自前のMP3ライブラリから、SCMPXというソフトを使ってWAV形式にデコード

2、SoundEngineというフリーソフトで任意の場所(主にサビなど)を切り取る

3、午後のこ~だでMP3にエンコード

という手順で作成しています。一応、紹介しておこうかなと思って適当に書いてみました。

似たようなエントリ

 

2 Responses to “京ぽん2用着うた作成”

  1. あるかでぃあ Says:
    3月 5th, 2006 at 1:03 AM

    SCMPX、懐かしいなぁ♪
    (*´∀`*)

    かつてWinamp全盛だった頃、純国産MP3エンコーダーと言えば、コレでしたな。もう5~6年も前の話になりますが。

    やっぱりMP3は扱い易くて良いね♪AACもATRAC3も音質は文句ナシだけど、“いじれる素材”の便利さは貴重です。

  2. amaranthine Says:
    3月 6th, 2006 at 1:02 AM

    タハハ…いまだに、SCMPXは、デコーダとして使っています。ホント懐かしいですよね。更新が滞ってしまったのが、私的には残念でした。

    ほんとに扱いやすいファイル形式というのは、いいものですよね。MP3で保存しておけば、iPodでも、京ぽんでも、他のミュージックプレイヤーでも再生できますし、Windowsでも、Linuxでも、Macでもリッピング、編集等が出来ますからね。京ポンもMP3を採用するというのは、さすが、京セラ、ウィルコムといった感じでしょうか。

コメントの投稿はこちら

Icons by N.Design Studio. Designed By Ben Swift. Powered by WordPress, Linux Web Hosting, and Free WordPress Themes
Entries RSS Comments RSS ログイン