ワンセグに対するドコモの姿勢と顧客目線

willcom 2 Comments

ドコモ中村社長、「今のワンセグではメリットなし」

フジテレビへの出資に続き、日本テレビと提携関係を持ったことに触れながら、「ドコモとして、通信と放送の融合にどう取り組んでいくのかを探っていきたい。2008年に向けて、サイマル放送の見直しで、どんなサービスができるのか、どんなビジネスモデルが構築できるのかも重要な課題。もし、別の放送を流すことができれば、そこで新たな広告が獲得できたり、有料での放送を行なうといったことも可能になる。今のサイマル放送では、携帯電話はテレビ受像器のままであり、メリットはない」などとした

上記のようなことをドコモの社長が言っている。まあ、おそらく、「メリットはない」の主語は、ドコモであろうが。いちおう、主語を「ユーザー」として以下記す。

一方で、

「ワンセグ」の認知度は5割強

ITmedia +D モバイル:ワンセグ、「携帯で見たい」が約9割──NTTアド調査

「ワンセグ」という言葉の認知度を尋ねた設問では、全体の31.2%が「何回も見聞きしたことがある」、21.5%が「1回は見聞きしたことがある」と解答し、計52.7%の人がワンセグを知っている、という結果になった

利用意向について、「ワンセグに魅力を感じる」とした人は全体の62%となり

ワンセグ視聴で使う端末としては、「携帯電話」が86.4%と高い数値となった

と、かいつまんで引用してみましたが、私の予想よりもはるかに認知度、利用意向ともに高いです。それなのに、ドコモの社長の認識の甘いこと。

もちろん、社長の言い分も上記記事を読めば理解は出来るのですが、ちょっと甘いような気がします。

また、同記事内では、「対ソフトバンク、「何が起きても驚かないように準備」」という見出しでの記事があるのですが、そのソフトバンクは、既に民放各社から番組を提供されることが決まっているのではなかったでしたっけ(観天望気: ソフトバンク、TV番組をネット配信へ)。つまり、ソフトバンクは、ワンセグのサイマル放送見直し後すぐにでも、ワンセグに既存の民放番組を流すことが「可能」です。ドコモの社長の言うような独自の「別の放送」よりも、既に放送済みの番組をコンテンツとして流すというほうが、はるかに効率的だし魅力的です。それをやられたらドコモ的には驚異ではないでしょうか。サイマル放送見直しが決まってからドコモは動く気なのでしょうか。ドコモは、ワンセグ端末の開発を積極的に行っていたのでそうではないと思っていたのですが。おろおろしてたらまた、シェア奪われますよ。

さらに、ワンセグ向けの番組制作が困難であるおそれも指摘されています(ITmedia ライフスタイル:視界不良に陥った「ワンセグ・モバイル」)やはり、既存の民放の番組をコンテンツとして流す方がよほど効率的な気もします。ドコモは大丈夫でしょうか。

さて、われらがウィルコムについてですが、すでにWX310Kに搭載されているCPUは、ワンセグのエンコーディングに対応するCPUだったりしますので、ウィルコムも、かなり考えてはいるようです。あるかでぃあさんの指摘されているように、おそらく、WX320K、ないしはそれに類する京セラ端末でワンセグに対応するのだと思われます。

また、WX310SAを提供しているサンヨーが、「地デジケータイ」という商標を持っていることもウィルコムにとってはプラス材料でしょう。「ウィルコムの地デジケータイで、テレビもネットも音声もメールも、全部し放題!」「クアドラプル放題!」などセンスのないキャッチコピーが私の頭にも浮かんできます。

最後に付け加えるのもなんなんですが、私はワンセグに興味がありません。というより、テレビ自体をあまり見なくなってしまいました。それならインターネットで調べ物をしたり、本を読むほうがよっぽど楽しいと最近では感じてしまっています。歳かな…

というわけで、この記事は、ものすごい適当です。(最後にすごい宣言が来たな。)

似たようなエントリ

 

2 Responses to “ワンセグに対するドコモの姿勢と顧客目線”

  1. あるかでぃあ Says:
    1月 1st, 1970 at 9:00 AM

    TBどもども♪
    (*´∀`*)

    DoCoMo社長の『メリットなし』発言は、あからさまに自社利益に対するものであって、ユーザーサイドからは反感しか買わないと思うのですが…よくもまあ会見の場でヌケヌケと言えたモンですな。
    ( ´_ゝ`)

    ワンセグはメリットありますよ。ユーザーは“放送”という慣れ親しんだ娯楽をいつでも享受出来るようになるし、メディアは自分達の発言の場が広がるし、広告を出している企業は広告をより多くの人々に見てもらう事が出来ますから。

    もちろんキャリアにだってメリットはあります。各メディアによるアンケート結果でも解かるように、ワンセグは誰もがケータイに望む機能の1つ。今年の秋にNMPが導入された場合、ワンセグがあるキャリアに変更するユーザーだって少なからず出てくる筈ですから、ワンセグ対応機種を如何に揃えられるのか、またワンセグをどれだけ多機能に使いこなせる端末が存在するかによって、キャリアの人気が左右されるかもしれません。

    それなのに、『メリットなし』とは…。

    むしろもっと原点的な部分でも、既に自分達で対応端末を作っておきながらそれを批判するとは、本来組織の長たる者の取る行動ではありませんね。

    その後に続くクレジット関連の話にしても、完全に『ユーザーから如何に搾り取るか』というだけの話じゃないですか。ユーザーにメリットがあるか無いかなんて、二の次三の次なんですね、DoCoMoにとっては。

    元々DoCoMoは嫌いでしたが、これで大嫌いになりました。NMPが導入されたら、ダブルホルダーで持っているDoCoMoのケータイを速攻でauにします。

    >>最後にすごい宣言

    マジでスゴイ発言だwww
    (;´ ∀`)

    でも、主張のある人は尊敬します。まあ、オレもTVは見ない人なんですけど(毎日仕事詰めで見る暇無し)、ワンセグケータイでもあったら、残業中の退屈さ加減も少し和らぐかなぁと思ってみたりして♪
    ヽ(*´ ∇`)ノ

  2. amaranthine Says:
    4月 1st, 2006 at 8:58 AM

    コメントありがとうございます。
    あ、ちょっとあるかでぃあさんのコメント読んで、ワンセグ見たくなって来ました。まぁ、たぶん、WX320Kを速攻かはともかく買うと思うので、(ワンセグが搭載されれば)試しに見てみるかもしれないですが。(なんとなく今のFlashプレーヤー等のように追加アプリで提供されるように思うので、微妙ですが)

    ドコモは、最近そういう搾り取る発言を抑えていたように思うのですが、社長が言っちゃった感がありますね。新規顧客開拓ではなく現状顧客の継続維持にシフトした顧客対応もそれなりに私は評価していたのですが、トップがこれじゃあ、という思いです。

    私も、MNPが始まったあと、既に持っているW21S+auに行こうかなとも思っています。FOMAは、やっとインフラ強化をするという報道がありましたが、今更感丸出しで、遅すぎです。既に、うちの近くにW-OAM対応のアンテナが一本立ったというくらいウィルコムは早いのに。

    結局ワンセグがついてるかどうかでは端末を選ばなそうなので、すごい宣言してみました(^^;)…いや、よくこんな長い記事書いたな、と思うくらい興味があんましないので。確かに、残業の合間にBGM的に付けとくのも寂しくなくて良いかもしれないですね。寂しさを紛らわすために使うというその私の発想が寂しいですけど(汗)

コメントの投稿はこちら

Icons by N.Design Studio. Designed By Ben Swift. Powered by WordPress, Linux Web Hosting, and Free WordPress Themes
Entries RSS Comments RSS ログイン