WX310Kのアップデートソフトが、再度公開停止

willcom No Comments

WILLCOM|京セラ製「WX310K」用バージョンアップソフトウェアのダウンロード一時停止について

最近、京セラ製「京ぽん2」こと「WX310K」のアップデートが公開され、そして、一時停止するという事態がありました。

で、公開が再開したのですが、また、公開停止となりました。

なにやってんでしょうね。

携帯電話の開発がデスマーチだってのは知ってますけど、とりあえず、現場じゃなくて、発注した京セラの担当者がちゃんと責任とれ。

そうじゃなきゃ、また起きるよ、これ。

21日に、ウィルコムは、新製品発表をするようです

そこで、おそらくは、WX330K(「京ぽん3」)の発表となるのではないかとも一部で予測がたっています。

でも、こんなことで、安心して京セラ製の端末買えます?

高機能だ、低機能だ、そんなことよりまず、安定してまともに動きますって所から問題か。

冗談じゃない。

他の携帯端末よりもずっと長いスパンで開発しているはず。

様々な事情があるのはわかるけれど、ユーザーをテストユーザーにするな。

ひさびさに怒った。京セラは一流企業だと思っていたけれど、どうやら違うみたい。PHS端末事業だけかしら。

似たようなエントリ

 

コメントの投稿はこちら

Icons by N.Design Studio. Designed By Ben Swift. Powered by WordPress, Linux Web Hosting, and Free WordPress Themes
Entries RSS Comments RSS ログイン