ウィルコム対応アプリコンテンツについて一言だけ

willcom No Comments

ちょっと前回は、間を置いてしまったので、ちょいちょい更新しようと思い、エントリー。

WX340Kに惹かれているので、通常音声端末についていろいろ思い出し中。

ずっと、Advanced W-ZERO3[es]+「9(nine)」で、いまいち通常音声端末とは違う世界(「9(nine)」は通常音声端末ともいえなくもないが、コンテンツ対応度は悪いし、端末容量も無いなどあまり楽しめない。さくさくWebだけど。)だったので、だいぶあの感覚を忘れました。

一つ気になったのは、Javaアプリについて。W-ZERO3でもJavaアプリは使えますが、結構再インストールするので、あまり購入したくなく、一つ試しにアプリを買った程度。(そもそも、通常のアプリケーションを探した方が良いし。)

で、さっき、ウィルコムのアプリページを見てみた。

WILLCOM|CLUB AIR-EDGE|ゲーム・アプリ

…少なっ。

でも、これだけ増えたのか~…という感じ。

どうでも良いのだけれど、ウィルコムのアプリは、(例えば「iアプリ」のような)総称が無いな。ブーム去った後だしいいやって感じなのかな。

で、気になったのは、課金方法。

一部、月額いくらみたいだけれど、基本的には買い切りタイプみたいで安心した。

というか、今更ながら考えてみると、GREEやモバゲータウンやらが無料でゲームを配布してしまうと、携帯電話向けゲームはもう売れないような気もする。基本的に携帯のゲームにクオリティ求めないだろうし。暇つぶしにさえなれば、OK、という人が多いならGREEやモバゲータウンに行ってしまうだろう。

その点、ウィルコムは良い。GREE対応してないし。モバゲータウンも対応してないし。そのかわり、ARPUが低くコンテンツを買う人が少ないうえに、さらにそもそもの契約者数が少ないので、やっぱりダメだけど。

そこらへんが、Flash Lite3.0対応となることで、GREEやモバゲータウンのFlashアプリに対応できるようになるかもしれない。そこらへんは、若い人に売るには必須かとも思うので、ぜひ対応するようウィルコムには働きかけてほしい。

・パケット通信端末としてのウィルコム

メールは無料(ドコモ絵文字使用可能。他キャリアとも絵文字変換可能)。070同士の通話が無料。mixiモバイル対応に加えて、GREEやモバゲータウン、それから各種プロフサイトに対応となれば、新つなぎ放題+話し放題オプションで5000円を切る月額。

こうなると、結構魅力的かも?しれない。…ここまでやっても、まだ疑問符が付くな。やっぱりまだまだメイン端末市場を狙うのは難しいのかもしれない。

似たようなエントリ

 

コメントの投稿はこちら

Icons by N.Design Studio. Designed By Ben Swift. Powered by WordPress, Linux Web Hosting, and Free WordPress Themes
Entries RSS Comments RSS ログイン